actions

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ

テンプレート:Infobox museum ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ(英語:Royal Academy of Arts, RA)は、イギリスロンドン中心部のピカデリーにある国立美術学校美術館が併設されている。王立芸術院と訳される。

併設するロイヤル・アカデミー・スクール(Royal Academy Schools)はイギリス最古の美術学校である。現在は3年制の大学院レベルの教育を行っている。

沿革

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツは1768年に国王ジョージ3世によって設立が認証され、1769年に開校した。

創立メンバーは、初代校長をサー・ジョシュア・レイノルズ(現在、中庭に銅像が建てられている)とする、36名であった。

会員は、会員の認証を得るとき勅許作品として作品を寄託することになっており、これが今日の美術館の所蔵品の主体となった。アカデミーは最初ポールモール (ペル・メル) 通りに設置され、美術学校と展覧会場はその後トラファルガー広場に移り、最終的に 1867年に現在のバーリントン・ハウスにおかれた。

建物はパラディオ様式バーリントン邸 (バーリントン・ハウス) という貴族の屋敷である。この建物は以前、ロンドン大学の本部が置かれていたこともあった。

ファイル:Piccadilly Burlington House.jpg
バーリントン・ハウス
ファイル:Burlington House-Courtyard.jpg
バーリントン・ハウス中庭

活動

  • 定員は正会員40名、准会員20名(1876年から30名)と決められ、投票によって選出された会長(P・R・A)1名と8名の会員による評議員会が実際の運営にあたった。
  • ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツは王立とはいえ、王室や政府から支援を受けていない。収入源のひとつは美術展の開催で、非常に質が高く、ナショナル・ギャラリーテート・ギャラリーなどに匹敵する。2004年には新しく改装されたバーリントン邸の当初の区画である、ジョン・マデウスキー・ファイン・ルームと呼ばれる部屋で、常設展示も行われるようになった。
  • 1824年にロンドンのナショナル・ギャラリーが創設されるまで、芸術家や学生に昔の巨匠の名作の数々に触れる貴重な場を提供し続けた。

脚注

関連項目

外部リンク

座標: 西経0度08分22秒北緯51.50917度 西経0.13944度51.50917; -0.13944