actions

アーヴィング・ラングミュア

ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1932年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:表面科学の研究

アーヴィング・ラングミュアIrving Langmuir, 1881年1月31日 - 1957年8月16日)は、アメリカ合衆国化学者物理学者である。1932年に表面科学の分野への貢献でノーベル化学賞を受賞した。

コロンビア大学を卒業後、ゲッティンゲン大学で、ヴァルター・ネルンストのもとで化学を学び、1909年からゼネラル・エレクトリックの研究所で研究を始め1950年まで在籍した。また、「事実でない事柄についての科学」を病的科学として定義したことでも知られている。

業績

主な受賞歴

関連項目

外部リンク


テンプレート:ノーベル化学賞受賞者 (1926年-1950年)