actions

アンセルムス

アンセルムス
教会博士
他言語表記 Anselmus Cantuariensis
生誕 1033年
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ブルグント王国アオスタ
死没 1109年4月21日
イングランドの旗 イングランド王国カンタベリー
崇敬する教派 カトリック教会
聖公会
列聖日 1494年
記念日 4月21日

カンタベリーのアンセルムス: Anselmus Cantuariensis, 1033年 - 1109年4月21日

カンタベリーの大司教,ベネディクト会士,教会博士,聖人。スコラ哲学の父。その生涯は神学者として過ごしたル・ベク大修院時代と,政教対立のさなか教会の自由と権利のために献身したカンタベリー司教時代に分かたれる。彼は前期に「理解せんがため,われ信ず」 Credo ut intelligamという立場から『モノロギオン』,神の存在証明で知られる『プロスロギオン』『真理論』などを著し,後期には贖罪論として有名な『クール・デウス・ホモ』などを書いた。その思想はアウレリウス・アウグスチヌスに拠り,福音主義的で,生まれながらに堕落している無力な人間は,神の恩恵なくしては救われないことを強調している。

先代:
ランフランクス
カンタベリー大司教
1093年 - 1109年4月21日
次代:
ロドルフス


楽天市場検索: