actions

カンタベリー


カンタベリー
Canterbury
イングランドの旗
位置
[[File:テンプレート:Location map United Kingdom|280px|カンタベリーの位置]]
<div style="position: absolute; z-index: 2; top: 構文エラー: 認識できない区切り文字「[」です。%; left: 構文エラー: 認識できない区切り文字「[」です。%; height: 0; width: 0; margin: 0; padding: 0;">
[[File:テンプレート:Location map United Kingdom|6x6px|カンタベリー|link=|alt=]]
<div style="font-size: 90%; line-height: 110%; z-index:90; position: relative; top: -1.5em; width: 6em; 構文エラー: 認識できない区切り文字「[」です。">カンタベリー
座標 : 東経1度4分35秒北緯51.27611度 東経1.07639度51.27611; 1.07639
行政
イギリスの旗 イギリス
 連合王国 イングランドの旗 イングランド
 リージョン 南東イングランド
 カウンティ ケント
 ディストリクト シティ・オブ・カンタベリー
 シティ カンタベリー
地理
面積  
  シティ域 308.84 km2
人口
人口 (2007年現在)
  シティ域 148,000人
    人口密度   479人/km2
  市街地 43,432 (2001年)
公式ウェブサイト : http://www.canterbury.gov.uk/

カンタベリー (Canterbury) は、イギリスイングランド南東部ケント州東部に位置するシティ・オブ・カンタベリーの中心エリア。中世から代表的な巡礼地として栄えてきた。

歴史

青銅器時代新石器時代の遺跡が発見されており、それらの時代から人が定住していた証拠がある。ケルト人首都がこの地にあった。ローマ軍による占領後、このラテン語でDurovernum Cantiacorumと呼ばれ、要塞が設けられた。

5世紀中ごろにアングロ・サクソン人が、この地域を制圧した。6世紀の終わりごろからグレートブリテン島ブリタニア)にアングロ・サクソン人の諸王国が建設される。

597年教皇グレゴリウス1世の命を受けて修道士アウグスティヌス(のちのカンタベリーのアウグスティヌス)を中心して修道士団がブリタニア伝道に赴く。ケント王国(いまのケント州)のエセルバートは彼らを好意的に迎え入れ、布教に助力したことから、ここがブリタニア布教の拠点となっていく。

601年修道士アウグスティヌスが初代カンタベリー大司教に就任。以来、カンタベリーはイングランドキリスト教の中心地になる。

その後ノルマン・コンクエストなど、イングランドの波乱の歴史の中にあっても、カンタベリーは大司教座のある町として権威を高めていく。

1095年にはウィリアム2世叙任権闘争を起こし大司教が亡命することになった。

1164年カンタベリー大司教トマス・ベケット、裁判権を巡ってヘンリー2世と対立、亡命。

1170年トマス・ベケットは帰国するが、カンタベリー大聖堂内の祭壇で祈っているところをヘンリー2世の騎士に暗殺される。1173年、ローマ教皇アレクサンデル3世はトマス・ベケットを殉教したとして列聖する。以後、聖トマス・ベケット殉教の地として、「カンタベリー詣で」と呼ばれる巡礼地にカンタベリーは位置付けられ、多くの巡礼者が訪れるようになる。[1]

1387年ジェフリー・チョーサーが「カンタベリー物語」を著す。

1534年ヘンリー8世離婚問題をきっかけに教皇と対立すると、ヘンリー8世は「国王至上法」を出し、カトリックと絶縁。これに対し、カンタベリー大司教はヘンリー8世の離婚を許可する独自の判断を出した。この結果、カンタベリー大司教はローマ教会から事実上分離し独自の路線を歩むことになる。

1559年エリザベス1世の「統一令」によってカンタベリー大司教座はカンタベリー大主教と改められ英国国教会の総本山の地位を獲得することになる。

教育

ケント大学カンタベリー・クライスト・チャーチ大学チョーサー・カレッジなどの教育機関があり、多くの学生が学んでいる。また、世界最古の現役の学校の1つと評されるキングズ・スクールカンタベリー大聖堂に隣接している。

姉妹都市

出身人物

ギャラリー

脚注

  1. アットウォーター,ドナルド; ジョン,キャサリン・レイチェル; 山岡健訳 『聖人事典』 三交社1998年、251-253頁。ISBN 4-87919-137-X 

外部リンク