actions

銀山温泉

2018/8/19/ (日) 23:19時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、山形県尾花沢市(旧国出羽国明治以降は羽前国)にある温泉

NHK連続テレビ小説おしん」の舞台となったことで一躍脚光を浴び、全国的にその名を知られることになった。

歴史

開湯は寛永年間に、かつてこの地にあった延沢銀山の鉱夫が銀山川の中に湧いている温泉を発見したことによる。銀山は足利幕府時代の康正年間(15世紀)に開かれ、江戸時代の寛永期(17世紀前半)には人口20万から30万を数えるほど栄えたが、正保元年(17世紀中期)から銀採掘が衰退していき、替わって温泉湯治が盛んになっていった[1]

1689年に銀山が閉山した後に温泉宿が建てられはじめて湯治場として賑わったが、1913年の大洪水により温泉街は壊滅した。その後、地元財界の力で復興し、その時に現在の温泉街の光景が作られた。1968年11月19日国民保養温泉地に指定。奥州街道から10km以上の山奥にあるため長い間秘湯であったが、1983年のドラマ「おしん」のヒットにより全国的に認知された[2]

1986年に「銀山温泉家並保存条例」を制定して景観整備に努め、1995年度「やまがた景観デザイン賞」(山形経済同友会主催)を受賞した[3]

泉質

  • 含食塩硫化水素泉

温泉街

最上川支流の銀山川の両岸に大正から昭和初期にかけての木造多層建築の旅館が立ち並ぶ。多くの旅館は、建築された当時としては非常にモダンな三層四層の木造バルコニー建築であり、外装には鏝絵が施されている旅館もある。川には橋が多くかかり、また石畳の歩道にはガス灯が並んでいる。5月から10月までの毎週末には、花笠踊りが橋の上で披露される。

銀山側下流側から温泉街を眺めた大正ロマン漂う光景は、温泉のシンボル的な風景である。この光景を守るため、町並みを保存する条例が定められている。

当地の旅館「藤屋」で女将をつとめた7代目当主の妻藤ジニー(Jeanie Fuji, 1966年3月26日生まれの米国人、旧名ジニー・ピュー、Pugh。元外国語指導助手(ALT)。現在は離婚してアメリカ・オレゴン州へ帰国)は、公共広告機構(現:ACジャパン)のCMに出演するなど、メディアに出る機会も多かった。藤屋は2006年に現代風に改装したが、2010年に民事再生法を申請した。

温泉街には古くからの「大湯」近年できた「しろがね湯」2軒の共同浴場が存在する。温泉街の遊歩道には足湯もある。しろがね湯、藤屋ともに改装は隈研吾の設計。

アクセス

ギャラリー

関連項目

脚注

  1. 『支流』斉藤茂吉、青空文庫
  2. 『東北力: 絶対に復活するこれだけの強さ』東北をこよなく愛する会、PHP研究所, 2014/03/14
  3. 尾花沢市「銀山温泉家並保存条例」のに関する研究温井亨 平成10年度 日本造園学会研究発表論文集(16)1998

外部リンク