actions

渡嘉敷村

2018/8/18/ (土) 00:56時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


渡嘉敷村(とかしきそん)は、沖縄本島那覇市の西方約40kmに点在する慶良間諸島のうち渡嘉敷島を始め10余りの島からなる

慶良間諸島のほぼ東半分を占め、島尻郡に属する。

地理

以下の島により構成される。渡嘉敷島前島以外は無人島。

  • 渡嘉敷島
  • 前島(前島、ハテ島、中島)
  • 慶伊瀬島(神山島、クエフ島、ナガンヌ島)
  • 黒島
  • 儀志布島
    • 渡嘉敷島の北側に密接している。最干潮時は、船舶の航行は不可能になる。
  • 城島
    • 渡嘉敷港のちょうど入り口にあり、防波堤の役目になっている。干潮時は徒歩で行ける。頂上には聖地があり神話の舞台にもなった。

地域

  • 阿波連(あはれん)
  • 渡嘉敷(とかしき)
渡嘉敷・渡嘉志久(とかしく)の2集落がある。
  • 前島(まえじま)

人口

渡嘉敷村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

歴史

行政

紋章

渡嘉敷の「と」と「か」を図案化したものを1966年5月1日に制定した。[1]

教育など

  • 渡嘉敷村立渡嘉敷小中学校
  • 渡嘉敷村立阿波連小学校
  • 渡嘉敷村立渡嘉敷幼稚園
  • 渡嘉敷村立へき地渡嘉敷保育園
  • 国立沖縄青少年交流の家 - 青少年用教育・研修施設

経済

日本郵政グループ

※渡嘉敷村の郵便番号は「901-35xx」となっている。

交通

港湾

那覇港との間に定期旅客航路が運航されるほか、座間味村との間にはオンデマンドによる航路が運航されている。

  • 渡嘉敷港地方港湾
    • - 那覇港(泊ふ頭) 村営高速船「マリンライナーとかしき」(所要35分)
    • - 那覇港(泊ふ頭) 村営フェリー「フェリーけらま」(所要70分)車両搭載可能。
  • 阿波連港 : 主にダイビングボートが発着している。
    • - 阿嘉港(阿嘉島) - 座間味港(座間味島) 座間味村の連絡船「みつしま」(座間味港まで所要35分)
      • 「ケラマ航路」と通称される。2013年4月より座間味村の行政連絡船を使用し運航を開始した。1日2便が設定されているが、予約があるときのみ運航するオンデマンド方式である。[3][4]

主な道路

名所・旧跡・観光

阿波連ビーチ  
ハナレ島周辺  
渡嘉志久ビーチ  
根元家の石垣  
白玉之塔  
集団自決跡地碑  

脚注

  1. 1.0 1.1 図典 日本の市町村章 p241
  2. 渡嘉敷村の村花、村木、村魚の制定”. 渡嘉敷村例規集. . 2017-1-10閲覧.
  3. 座間味村と渡嘉敷村を結ぶ「ケラマ航路」、4月27日運航開始 - 座間味村(2013年4月24日付、同月29日閲覧)
  4. 座間味村(座間味島、阿嘉島)と渡嘉敷村(阿波連港)を結ぶ内海航路の運航を開始します (PDF) (座間味村公営企業課) - 渡嘉敷村(2013年4月24日付、同月29日閲覧)

参考文献

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館、2007-01-10、初版第1刷。ISBN 4095263113。

外部リンク