actions

家弓家正

2018/8/17/ (金) 19:14時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


家弓 家正(かゆみ いえまさ、1933年10月31日[1] - 2014年9月30日[2])は、日本男性俳優声優ナレーター。劇団七曜会、青二プロダクションを経て、最後は81プロデュースに所属していた。

経歴

芝居が好きだったため新劇の劇団に入り、1956年NHKラジオドラマに声優として初出演する[3]。その後NETで1963年に放送された海外ドラマ『アイランダーズ』ザック・マロイ役の吹き替えで初めて大きな役を担当する[3]

2014年10月8日、所属事務所である81プロデュースから同年9月30日午前10時15分に病気のため東京都内の病院で死去したことが発表された[2][4]。80歳没。死因は非公表。葬儀・告別式は近親者のみで執り行われた[4]。以前から体調が優れず、2011年から2013年半ばで、ところどころ仕事を休んでいる。そのため一部の作品で持ち役の降板を余儀なくされていた。

特色

テレビ草創期から、テレビドラマアニメ吹き替えナレーションと幅広く活躍した。

洋画吹き替えではフランク・シナトラを数多く担当し、実質家弓の持ち役であった。他にもジェームズ・スチュアートに代表される二枚目俳優から、ドナルド・サザーランドアレックス・コードクリストファー・リーなど、渋さ・アクの強さが滲むような俳優陣の吹き替えを担当した。

主役に絡む権力者役も非常に多く、悪役としても同業者から評価が高かった(後述)。

演技・出演作との関わり

フランク・シナトラ
フランク・シナトラ映画放映の全盛時、シナトラの吹き替えを家弓が担当することになった。しかし、「シナトラは誰もが声を知っている程の世界的な歌手であり、『フランク・シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン』というシナトラのファンクラブから(別人が充てれば)クレームがくるのが目に見えている」と、家弓自身は困惑し当初「勘弁してください」と断るなどあまり乗り気ではなかったという[3]。だが「本数も少ないし頼むからやってくれ」といわれ、しぶしぶ担当することになった。それからは、どきどきしながらシナトラに吹き替えていたという[3]。その後、クレームがきたという話はなかったが、家弓はテレビ局が降板させないために、本人に見せないでくれていたのではないかと語っている[3]
シナトラの芝居について、家弓は「台本どおりきっちりしている」といい「崩しているようで崩してない」と吹き替えを演じる上で注意している点を語った[3]
初のシナトラ映画の吹き替えは、『日曜洋画劇場』の前身である『土曜洋画劇場』で1967年に放送された『見知らぬ人でなく』である。『土曜洋画劇場』から『日曜洋画劇場』になっての初のシナトラ映画は『誇りと情熱』。現在、シナトラ映画で家弓の吹き替え付きのDVDは、数本しかない。家弓自身が面白いと感じて、吹き替えをやりたかったシナトラ映画は『三人の狙撃者』だったが、結局やる機会がなかったという[3]。また、やった作品で楽しかったのは『波も涙も暖かい』だと述べている[3]
ドナルド・サザーランド
家弓がドナルド・サザーランドを担当するようになったのは、彼がある程度年をとってからで、若いころのサザーランドを担当することはなかったという[3]。サザーランドを最初に吹き替えたのは1975年放映の『ジョニーは戦場へ行った』で、担当する機会が増えたのは最近だと語っている[3]
サザーランドについて、あの目が「絶対にこいつが悪い奴だ」と思わせると語った[3]。また、しゃべり方が不思議で、息継ぎをせずにだらだらしゃべるため担当するときはつらいとも語り、1番大変だったのは『JFK』で、15分もほとんど1人でしゃべり通すシーンだったため泣かされたという[3]
悪役のイメージ
OVAジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』収録の際、同学年の矢島正明がゲスト出演し、家弓と再会した。その際、矢島は「何故家弓が悪役ではないのか、いつ裏切るのかと待っていた」と悪役の多い経歴を踏まえた冗談を飛ばした。
悪役=家弓というイメージは古くからあったらしく、『逃亡者』TVシリーズ終盤ついに黒幕が明らかになるかというクライマックスに家弓がゲスト出演した際、レギュラーメンバーから「やっぱりお前が一番悪い奴だったのか!!」と声をそろえて、冗談交じりにののしられたというエピソードがある。しかも、実際の黒幕は家弓が吹き替えを担当した人物ではなかった。
超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』でアークエンジェル(アレックス・コード)を担当した際は、「CIAは日本では陰謀に関わる悪玉として知られているが、自分は主人公側なので主役をサポートする人格者を演じなきゃならない、少々やりにくい」と述べた。
敵役について家弓自身は、普段できないことを思い存分にできるため、ストレス発散になるので面白いと語っている[3]
アフレコ現場
収録の際、台詞を決して間違えないことから、呑み仲間でもある若本規夫から「精密機械」の異名を与えられた(これに対し本人は「非人間的な表現ですねぇ」と返している)。
『ナジカ電撃作戦』では、スパイものらしくナジカの上司、間島を演じたが「(共演が)女性ばかりなので、品の良い現場だね」とコメントしている。他の男性レギュラーは、玖洛玄人役の石塚運昇だけだった。
藤村歩は尊敬する声優として家弓の名を挙げており、彼女には芝居の大切さを教えている[5]

後任

家弓の没後、持ち役を引き継いだ声優は以下の通り。

出演

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ

テレビアニメ

テンプレート:定義リスト2

劇場アニメ

テンプレート:定義リスト2

OVA

テンプレート:定義リスト2

ゲーム

テンプレート:定義リスト2

ドラマCD

ラジオドラマ

吹き替え

担当俳優

テンプレート:Dl2

映画

ドラマ

アニメ

人形劇

ナレーション

CM

その他

脚注

注釈

  1. 死後2年ほどは出番がなかったため、第783話は後任を立てず過去の収録音声を流用したライブラリ出演となり[6]、劇場版『純黒の悪夢』から土師が演じることになった。
  2. 家弓の生前に放送された第512話では家弓ではなく上田敏也が担当した。

出典

  1. 家弓家正 プロフィール”. allcinema. スティングレイ. . 2014閲覧.
  2. 2.0 2.1 “俳優・声優の家弓家正さんが死去 「ナウシカ」のクロトワや「ドラゴンボールZ」パラガス役など演じる”. ITmedia. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1410/08/news123.html . 2014閲覧. 
  3. 3.00 3.01 3.02 3.03 3.04 3.05 3.06 3.07 3.08 3.09 3.10 3.11 3.12 とり・みき 『とり・みきの映画吹替王』 洋泉社、2004年。ISBN 4896918371。
  4. 4.0 4.1 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「sponichi」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  5. マンスリープッシュ 第22回 藤村歩”. 賢プロダクション. 2011年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2011閲覧.
  6. 置鮎龍太郎の2015年6月27日のツイート、. 2018閲覧.
  7. 『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』スレイヤー役が土師孝也さんに変更、五十嵐裕美さん&若本規夫さんも出演決定”. ファミ通.com. . 2015閲覧.
  8. “シリーズ完結編「ホビット 決戦のゆくえ」本ポスター公開!”. http://eiga.com/news/20141118/8/ . 2014閲覧. 
  9. 超音速攻撃ヘリ エアーウルフ コンプリート ブルーレイBOX”. NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン. . 2018閲覧.
  10. 追加収録詳細”. コンプリート ブルーレイBOX公式HP. . 2016閲覧.
  11. X-MEN2”. 日曜洋画劇場. . 2016閲覧.

外部リンク