actions

天神川

2018/8/10/ (金) 06:06時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
天神川
水系 一級水系 天神川
種別 一級河川
延長 32 km
平均流量 19.5 m³/s
(小田観測所 2000年)
流域面積 490 km²
水源 津黒山(鳥取県東伯郡三朝町
水源の標高 1,118 m
河口・合流先 日本海
流域 日本の旗 日本 鳥取県
テンプレートを表示

天神川(てんじんがわ)は、鳥取県の中部を流れる一級水系の本流。

地理

鳥取県東伯郡三朝町津黒山を源流とし、倉吉市を経て、東伯郡湯梨浜町及び北栄町日本海に注ぐ一級河川である。2006年4月に、河川法に定められ河川整備の百年の計となる「河川整備基本方針」が策定され、国土交通省等により改修が続けられている。

中流には倉吉盆地があり、下流には北条平野・羽合平野がある。これらをまとめて倉吉平野とも呼ぶ。海岸線には北条砂丘がある。これらはいずれも天神川による沖積作用によって形成された平野・砂丘である。

主な支流

主な橋

  • 大原橋
  • 竹田橋
  • 倉吉大橋
  • 小田橋
  • 天神橋
  • 新天神橋

かつて存在した橋

平行する交通

鉄道

道路

脚注

  1. 宮脇俊三 『鉄道廃線跡を歩くIV』 JTB1997年、142頁。ISBN 4533028578 

外部リンク