actions

基肄郡

2018/8/6/ (月) 06:50時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


ファイル:Saga Kii-gun.png
佐賀県基肄郡の位置

基肄郡(きいぐん)は、佐賀県肥前国)にあった

郡域

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 鳥栖市の一部(概ね河内町、古賀町、萱方町、神辺町、田代外町、松原町、曽根崎町、酒井西町、水屋町より北東および土井町・鎗田町の各一部[1]
  • 三養基郡基山町の全域

歴史

古代

式内社

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

テンプレート:肥前国基肄郡の式内社一覧
神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
凡例を表示

近世以降の沿革

ファイル:Saga Miyaki-gun 1889.png
1.基山村 2.田代村 3.基里村(紫:鳥栖市 青:合併なし 11 - 15は養父郡 21 - 23は三根郡)
  • 明治11年(1878年10月28日 - 郡区町村編制法の長崎県での施行により、行政区画としての基肄郡が発足。「基肄養父三根郡役所」が養父郡轟木村に設置され、同郡・三根郡とともに管轄。
  • 明治16年(1883年5月9日 - 佐賀県(第3次)の管轄となる。
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(3村)
    • 基山村 ← 宮浦村、園部村、小倉村、長野村(現・三養基郡基山町)
    • 田代村 ← 田代村、永吉村、柚比村、神辺村、萱方村(現・鳥栖市)
    • 基里村 ← 酒井東村、酒井西村、姫方村、飯田村(現・鳥栖市)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 「基肄養父三根郡役所」の管轄区域をもって三養基郡が発足。同日基肄郡廃止。

脚注

  1. 市街地の町名変更地域の境界は不詳。
  2. 記載は永吉北村。
  3. 記載は宮浦東村。
  4. 記載は園部下村。

参考文献

関連項目

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
三養基郡