actions

ソクラテス

2019/6/7/ (金) 10:03時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (内容を「 '''ソクラテス'''(:{{lang|el|'''Σωκράτης'''}}、ラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27...」で置換)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

ソクラテスΣωκράτηςラテン語:Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日

ギリシアの哲学者。彫刻家ソフロニスコスと助産師ファイナレテの子。前半生はほとんど不明であるが,後半生,特に晩年はプラトンクセノフォンアリストテレスアリストファネスの著作から知られる。著作を残さなかったのでその学説は主としてプラトンの対話篇によるほかはなく,それ自体哲学史上の大きな問題となっている。ソクラテスは「汝自身を知れ」というデルフォイの神託をあらゆる哲学的思考の出発点におき,人間の自己とは身体ではなく霊魂であり,この霊魂をよい状態に保つことに人間としての幸福が存するとの立場から,善や他の諸価値をロゴスによって吟味することを試みた。その方法としては対話におけるエイロネイア (アイロニー ) と産婆術が有名である。アリストテレスは学の基礎としての帰納法と概念的定義をソクラテスの二つの功績として認めている。 70歳のときメレトスやアニュトスらに告訴され死刑宣告を受け,毒杯を仰いで死んだ。



楽天市場検索: