actions

プラトン

プラトン(プラトーン、Ἀρχαία ἑλληνικὴ: ΠλάτωνPlátōn: Plato紀元前427年 - 紀元前347年

ギリシアの哲学者。アテネの名門に生れ若くしてソクラテスと交わり,最も正義の人と信じてやまなかったソクラテスの不条理な死と,当時の政治情勢に対する失望から哲学の道に入った。その著作のほとんどはソクラテスを中心とする対話篇である。彼の功績の第1は学問における方法の重要性の認識とその確立であり,第2はこの方法を基礎とした形而上学と倫理学の確立である。認識論的には感性的知覚に対して純粋な知性的認識の優位をとり,存在論的には感性的世界と思惟的世界を区別し,イデア論を形成してソフィストに対抗した。数回にわたってイタリアやシチリア島を訪れ,ピタゴラス学派とも接した。後年アテネにアカデメイアを創設し,真に理想国家の統治者たるべき人材の養成をはかった。 (プラトン主義 )  



楽天市場検索: