操作

アリストテレス

アリストテレス
生誕 紀元前384年
死没 紀元前322年3月7日
時代 古代哲学
地域 西洋哲学
学派 逍遙学派
アリストテレス主義
研究分野 論理学
自然学
生物学動物学
形而上学
倫理学
政治学
修辞学
演劇
主な概念
中庸 (ギリシア哲学)
理性
アイテール
四原因説
三段論法
テンプレートを表示

アリストテレス(アリストテレース、古希: Ἀριστοτέλης - Aristotélēs: Aristotelēs前384年 - 前322年3月7日

ギリシアの哲学者。 17歳のときアテネに出てプラトンの門下生となった。一度マケドニアに帰り,アレクサンドロス大王を教育した。前 335年再びアテネに出てリュケイオンを開いた。政治,文学,倫理学,論理学,博物学,物理学などほとんどあらゆる学問領域を対象とし分類と総括を行なった。動物の分類,発生学的研究にすぐれたものがある。しかし物体の落下現象は物体の本来の位置に戻る性質によるとして重力を否認。地上の物質の構成は水,土,火,空気の4基本元素から成り,天体は第5の元素エーテルでできているとして,デモクリトスの原子説に反対するなど,物理的学説などについては実験を伴わなかった欠陥が現れている。



Rakuten 楽天市場検索: