actions

セントローレンス川

2018/8/2/ (木) 16:49時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (支流)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


五大湖とセントローレンス川
サウザンドアイランズ地方に浮かぶ島々とコテージ

セントローレンス川(セントローレンスがわ、: St. Lawrence River: Fleuve Saint-Laurent)は、北米大陸の五大湖大西洋を結んでカナダ東部を東北に流れる河川である。水源である五大湖を含めれば世界第2位の水量となる。サンローラン川ともいわれる。

地理

セントローレンス川はオンタリオ湖から始まり、ガナノクエブロックビル、モリスタウン、オグゼンズバーグ、マシーナ、コーンウォールモントリオールトロワリヴィエールケベック・シティーを通り、世界でも最大級の三角江であるセントローレンス湾へと注ぐ。上流部はカナダのオンタリオ州アメリカ合衆国ニューヨーク州を隔てる国境を形成し、その後はケベック州内を流れる。ケベック・シティー付近から潮汐がある。

オンタリオ湖の流出部からの長さは1,197kmで、もっとも遠い水源からでは3,058kmになる。五大湖も含む流域面積は1,344,200km×10{{#invoke:Gapnum|main|2}}であり、うち839,200 km×10{{#invoke:Gapnum|main|2}}がカナダ、505,000 km×10{{#invoke:Gapnum|main|2}}がアメリカ合衆国である。流域にはカナダのオンタリオ州ケベック州、アメリカ合衆国のイリノイ州インディアナ州ミネソタ州ニューヨーク州オハイオ州ペンシルベニア州バーモント州ウィスコンシン州ミシガン州が含まれる。

途中にはモントリオールの南のセントルイス湖、サラベリ・ド・ヴァレフィルドのセントフランシス湖 (Lake Saint Francis) やモントリオール東のサンピエール湖 (Lac Saint-Pierre) といった湖がある。また、アレクサンドリアベイおよびキングストン付近のサウザンド諸島、モントリオール島などを含むオシュラガ諸島 (Hochelaga Archipelago)、ケベックシティ付近のオルレアン島などの島がある。オンタリオ湖を出たところにあるサウザンドアイランズ地方はセントローレンス諸島国立公園として国立公園に指定されている。

支流にはシャンプレーン湖からのリシュリュー川オタワ川サグネ川、サン・フランソワ川 (Saint-François River) などがある。

歴史

1534年6月9日にフランス人探検家ジャック・カルティエが発見し、河川を航行した。当時はモントリオール付近にラシーヌ瀬があり、ここまでしか航行できなかったが、その後運河網の発達によりスペリオル湖まで航行可能となった。1959年にはセントローレンス海路が開通して、大型の船の通航が可能となった。