操作

モントリオール

モントリオール市
Ville de Montréal
City of Montreal
位置
カナダにおけるモントリオール市の位置の位置図
カナダにおけるモントリオール市の位置
座標 : 北緯45度30分32秒 西経73度33分15秒 / 北緯45.50889度 西経73.55417度 / 45.50889; -73.55417
歴史
建設 1642年5月17日
市制施行 2002年1月1日
行政
カナダの旗 カナダ
  ケベック州の旗 ケベック州
 行政区 モントリオール地域
 市 モントリオール市
地理
面積  
  市域 431.50 km2 (166.60 mi2)
    陸上   365.13 km2 (140.98 mi2)
  市街地 1,545.30 km2 (596.64 mi2)
  都市圏 4,258.3 km2 (1,644.14 mi2)
人口
人口 (2011年現在)
  市域 1,649,519人
    人口密度   4,517.6人/km2(11,701人/mi2
  市街地 3,407,963人
    市街地人口密度   2,205.4人/km2(5,712人/mi2
  都市圏 3,824,221人
    都市圏人口密度   898.1人/km2(2,326人/mi2
  備考 カナダ国内2位
公式ウェブサイト : ville.montreal.qc.ca

モントリオール
英語: Montreal [ˌmɒntrɪˈɔːl])、モンレアルフランス語: Montréal[mɔ̃ʁeal]


カナダケベック州南部にある都市。

セントローレンス川オタワ川の合流点,モントリオール島に位置する。フランス語圏ではパリに次ぐ世界第2の都市とされ,市民の 3分の2をフランス系が占める。フランス系市民は主として東部,イギリス系市民は西部に居住。1月の平均気温は-9℃,冬季の積雪 2.5m。1535年ジャック・カルティエが訪れ,1642年に伝道地として開かれた。18世紀前半から周辺部への農業植民が進み,開拓者や交易商人の根拠地として発展した。19世紀初頭にはケベックとの間に水路が開かれ,銀行が設立されるなど都市機能の基礎が築かれた。市街地の拡大に伴い,20世紀中頃にはモントリオール大都市圏を設定し,周辺の諸都市と広域行政を行なった。1959年アメリカ合衆国の五大湖と大西洋を結ぶセントローレンス水路の開通によって,カナダ最大の港湾都市となり,鉄道,道路,空路交通の重要な中心地ともなっている。広大な地下商店街をもち,南西のトロントとともにカナダの経済,工業の中心を形成。石油精製,石鹸,醸造・蒸留,木材,皮革などの工業が発達。フランス語系のモントリオール大学(1876創立),英語系のマギル大学(1821創立)などがある。ノートルダム教会(1829)などの古い教会も多く,教育,文化の中心でもある。国際民間航空機関 ICAOが所在。1976年第21回オリンピック競技大会開催地。人口 164万9519(2011)。

脚注

外部リンク

公式
観光




Rakuten 楽天市場検索: