操作

黒田清隆

黒田清隆.jpg

黒田 清隆(くろだ きよたか、旧字体: 黑田 淸隆[注釈 1]天保11年10月16日1840年11月9日) - 明治33年(1900年8月23日

明治の政治家。薩摩藩士。薩英戦争戊辰戦争,および箱館征討参謀として五稜郭の戦いに参加。榎本武揚助命に働いたのは著名。明治2 (1869) 年,外務権大丞。同3年,北海道開拓使次官,1874~81年,参議兼北海道開拓使長官。 73年樺太放棄を寺島外務卿に上申。 75年,樺太=千島交換条約が締結された。同年特命全権弁理大臣として朝鮮で江華島事件の処理にあたり,76年,日朝修好条規 (江華島条約) を結んだ。 77年,西南戦争に征討参軍として参加。 81年開拓使官有物払下げ問題を大隈重信により非難され,辞任。 87年,第1次伊藤博文内閣の農商務相。 88年内閣を組織,89年2月首相として大日本帝国憲法の発布にあたった。 92~96年,第2次伊藤内閣の逓信相。 95年,枢密院議長。



Rakuten 楽天市場検索:




引用エラー: 「注釈」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注釈"/> タグが見つからない、または閉じる </ref> タグがありません