操作

黒死病

ドイツ語: Pest, 英語: plague)

14世紀中~後期,全ヨーロッパに広がった伝染病。腺ペスト (ペスト) であろうと推定される。

1346年の春,クリミア半島の黒海沿岸カファ (フェオドシヤ ) で,タタール人に包囲されたイタリア商人の間に発生したのが最初の記録。黒海沿岸から東地中海を経て,まず南ヨーロッパに蔓延しイタリア半島で猛威をふるった。 1348年,百年戦争期のフランス一帯に広がり,このためイギリス,フランス両軍は休戦協定を更新した。同年夏イングランド西部諸県に広がり,1349年末までにはイングランド全域,次いで北ヨーロッパ,さらに東ヨーロッパに広がり,1351年まで流行した。 1361~63年イングランドで再流行し,特に幼児の死亡率が高かった.

さらに 1369~71年,1374~75年,1390年,1400年にも発生した。黒死病の流行によって,フランスでは封建貴族軍の戦力が低下し,農民の貢税負担が増大した結果,ジャックリーの乱をはじめとする農民反乱が起こった。イングランドは百年戦争の戦場にはならなかったものの,黒死病が国民を疲弊させた。黒死病による死亡者の割合は諸説あるが,ヨーロッパの人口のおよそ3分の1に達したと推定される。