actions

高橋昌明

髙橋 昌明(たかはし まさあき、1945年1月27日[1]- )は、日本の歴史学者神戸大学名誉教授。日本中世史専攻。

来歴

高知県高知市生まれ。1969年同志社大学大学院文学研究科修士課程修了。滋賀大学教育学部教授、神戸大学人文学研究科教授、2002年「武士の成立 武士像の創出」で大阪大学文学博士。2007年、平氏政権を最初の武家政権とする論を発表し、「六波羅幕府」と呼び、上横手雅敬と論争になった[2]。2008年定年退官、神戸大学名誉教授。2011年8月5日日本史研究会代表委員としての立場で、大阪府議会における「日の丸」常時掲揚・「君が代」斉唱時起立条例の強行可決に抗議する声明を連名で出した[3]

著作

  • 『清盛以前 伊勢平氏の興隆』平凡社選書、1984年 復刊:文理閣 
  • 『湖の国の中世史』平凡社、1987年 のち中公文庫 
  • 酒呑童子の誕生 もうひとつの日本文化』中公新書、1992年 のち文庫 
  • 『中世史の理論と方法 日本封建社会・身分制・社会史』校倉書房、1997年
  • 『武士の成立武士像の創出』東京大学出版会、1999年
  • 『歴史家の遠めがね・虫めがね』角川学芸ブックス 、2007年
  • 平清盛 福原の夢』講談社選書メチエ 、2007年
  • 『平家の群像 物語から史実へ』岩波新書、2009年
  • 『平家と六波羅幕府』東京大学出版会、2013年 
  • 『京都<千年の都>の歴史』岩波新書、2014年 
  • 『洛中洛外 京は“花の都”』文理閣、2015年 
  • 『東アジア武人政権の比較史的研究』校倉書房、2016年 
  • 『武士の日本史』岩波新書、2018

編著

  • 『院政期の内裏・大内裏と院御所』文理閣、2006年

その他

脚注

  1. 『著作権台帳』
  2. 『平家と六波羅幕府』第四章「六波羅幕府再論」
  3. 大阪府議会における「日の丸」常時掲揚・「君が代」斉唱時起立条例の強行可決に抗議する声明 大阪歴史科学協議会 公式ウェブサイト。『日本史研究』590号、2011年10月、94-95頁にもほぼ同文で掲載。大阪歴史科学協議会委員長塚田孝・大阪歴史学会代表委員小田康徳との連署名。