actions

君が代

君が代(きみがよ)

言葉としての意味は,天皇の治世であり,和歌史上においては,祝福を受ける人の寿命をさすが,さらに事実上の国歌として歌われた明治期以後の歌曲「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」をさす。この歌詞は,『古今和歌集』にそのもととなる「わが君は…」の初句の和歌があり,以下『新撰和歌集』『和漢朗詠集』などにも収められるが,「君が代は…」と初句を改めたものは,「隆達節」伝存本の巻頭に掲げられたものが初見と思われる。ただし,「君が代は…」の詞章で,寺院芸能である延年のなかの歌謡をはじめ,古くから祝賀の歌として酒席などで朗詠されており,和歌を朗唱する「歌抜講」の代表的詞章としても用いられたほか,謡曲,歌舞伎などを通じ庶民層にまでこの歌詞は広く普及した。明治2 (1869) 年,薩摩藩は「天皇に対し奉る礼式曲」を作成するため,同藩士大山巌らが琵琶曲『蓬莱山』のなかにある「君が代…」の歌詞を選定してイギリス人軍楽隊教師 J.W.フェントンに作曲を依頼し,翌年,陸軍観兵式に吹奏されたが,曲調に威厳を欠くと批判されて,1876年には廃止された。別に文部省でも小学校用唱歌に使用する目的で同歌詞の別曲を作成したがこれも普及しなかった。同年に海軍省軍楽隊長中村佑庸の提唱に基づいて宮内省は楽譜改訂のためドイツ人 F.エッケルトを交えた4人の楽譜審査委員を設け,奥好義の作曲したものに手を加えて,宮内省伶人長林広守の名による雅楽旋律の楽譜を選定し,80年の天長節において初めて演奏された。 88年に政府は各条約国に対し,この楽譜をもとにして祝祭日に吹奏された楽譜を「大日本礼式」として送付,93年には文部省が学校儀式用唱歌として告示した。昭和に入って国家主義が高揚されるとともに,事実上の国歌として扱われるようになった。第2次世界大戦後しばらくの間,『君が代』はこのような地位を失っていたが,1951年にサンフランシスコ講和条約が締結されてからは,国家的礼式の場合に用いられるようになった。さらに,99年8月に「国旗・国歌法」が成立したことにより『君が代』が正式な国歌と規定された。



楽天市場検索: