actions

高峰山 (三重県)

高峰山 (たかみねさん)は、三重県尾鷲市の西方、矢ノ川峠の北にそびえる標高1,045 m台高山脈南部[1][2]である[3][4]。別名が、高小屋山[2]

概要

黒潮の影響を直接受ける南海型気候の多雨地帯である[2]。周辺のと山腹は浸食が進み急峻な険しい山容の山となっている[2]。山腹の一部で照葉樹林雑木林が見られ、ほぼ全山が人工林(植林地)となっている[2]。山頂には一等三角点「高小屋山」があり[5][4]一等三角点百名山[6]、及び近畿百名山のひとつに選定されている。

登山

矢ノ川峠及び古川林道からの2つのコースの登山道が開設されているが[2]、訪問する人は少ない[1]。矢ノ川峠から約2時間程、道の険しい健脚向けのコースを歩かねばならない[3]山頂の露出した岩が突き出た台地[2]から、には大台ヶ原の山並み、には熊野灘には尾鷲市街を見渡せ、全方位への眺望が開けている[3]

地理

紀伊山地東部[7]の台高山脈南部に位置する。

周辺の主な山

周辺の主な峠

源流の河川

以下の太平洋へ流れる河川源流となる山である。

交通・アクセス

東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線尾鷲駅の南西6 kmに位置する[1]。南東山腹に国道42号が通る。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 コンサイス日本山名辞典 (1992)、316頁
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 辻 (2005)、1369頁
  3. 3.0 3.1 3.2 高峰山 かんこうみえ (三重県観光連盟) 2013年3月6日閲覧
  4. 4.0 4.1 高峰山 Yamakei Online 2013年3月6日閲覧
  5. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「kijyun」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  6. 一等三角点研究会 (1988)
  7. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「kokudo」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません


参考文献

  • 一等三角点研究会 『一等三角点百名山』 山と溪谷社、1988年11月。ISBN 9784635330008。
  • 『コンサイス日本山名辞典』 徳久球雄(編集)、三省堂、1992-10、修訂版。ISBN 4-385-15403-1。
  • 日本山岳会 『新日本山岳誌』 ナカニシヤ出版、2005年11月。ISBN 4-779-50000-1。

外部リンク