actions

高品格


高品 格(たかしな かく、本名・向後 直吉[1]1919年2月22日[1] - 1994年3月11日)は日本俳優。北川事務所に所属していた[1]

来歴・人物

千葉県[1]海上郡飯岡町に漁師の息子として生まれる。千葉県匝瑳郡八日市場小学校高等科を卒業後、八日市場区裁判所に勤務する。

1935年東京市杉並区高円寺の「東邦拳闘倶楽部」に入ってプロボクサーを目指すが、日本映画に感動して俳優を志し1938年日活多摩川撮影所に入社。1939年田坂具隆監督の『土と兵隊』で映画デビューするが、その後、2度に渡り応召する。

復員後、大映を経て1955年に日活に入社し、『女中ッ子』など多数の映画に出演する。1957年石原裕次郎主演の『嵐を呼ぶ男』でボクサー崩れの用心棒を演じて、それ以来アクの強い敵役として数々のアクション映画に出演する。

1970年にフリーになってからは、テレビドラマに活動の場を移し、『大都会』などで活躍。

1984年の『麻雀放浪記』では主人公の青年に麻雀の積込み技を伝授する老人・出目徳役で出演し、博徒の刹那的な生き方を好演。国内の多くの助演男優賞を受賞した。

1994年3月11日東京都渋谷区NHKで、4月スタートの大河ドラマ『花の乱』の打ち合わせを終え自宅へ向かう時に車の中で苦しみ、病院へ運ばれたが心不全のため東京都大田区の病院で死去。75歳没。

特技は乗馬[1]殺陣[1]

出演

映画

テレビドラマ

※「 - 」は役名

吹き替え

CM

その他

脚注

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 日本タレント名鑑'83』 VIPタイムズ社、1982年、130。
  2. 高品が撮影期間中に死去したため、途中から織本順吉が演じた。

外部リンク

テンプレート:日本アカデミー賞最優秀助演男優賞


テンプレート:報知映画賞助演男優賞