actions

靖難の変

靖難の変(せいなんのへん)

中国,明初の帝位継承をめぐる内乱 (1399~1402) 。洪武帝は天下統一ののち,帝室の安泰をはかるため皇子を全国の要所に分封したが,中央集権をはかって土地人民に対する支配権は与えず,歳禄を給するだけであった。しかし北辺に設けられた晋,燕などの諸藩は辺防のため強大な兵力をもつにいたった。洪武帝の死後,16歳の皇太孫が帝位を継ぎ建文帝となると,斉泰らを用いて諸王勢力の削減をはかった。北平 (北京) の燕王はこの計画を知ると挙兵し,4年にわたる内戦ののち,燕王が勝利を得て帝位につき永楽帝となった。



楽天市場検索: