操作

関西聖書神学校

テンプレート:日本の学校

関西聖書神学校(かんさいせいしょしんがっこう、英語Kansai Bible College)は、兵庫県神戸市垂水区塩屋町六丁目にある神学校日本伝道隊日本イエス・キリスト教団が共同経営する、きよめ派の代表的な神学校であるが、他教団出身の神学生も多数在籍する。法的には各種学校の位置付けにある。

沿革

ファイル:JEB Bible Seminary in Mikage.jpg
御影の聖書学舎(1924年)
  • 1924年 - 神戸市御影に聖書学舎を設立。初代校長は沢村五郎
  • 1926年 - J・B・ソーントンが帰国し、日本自立聖書学塾と聖書学舎が合同する。
  • 1930年 - 神戸市垂水区塩屋町に移転する。
  • 1941年 - 太平洋戦争中、聖書学舎は関西学院に合併し、さらに東京の神学校に合併した。
  • 1946年4月 - 戦後、今村好太郎が校長に、沢村五郎が教頭になり、神戸神学塾になった。
  • 1948年 - 沢村五郎が校長になり、神戸神学院に改称した。 
  • 1949年 - 日本伝道隊の再建と共に、日本伝道隊が神学校を経営することになり、ウィリムズが校長になった。
  • 1957年9月 - 関西聖書神学校と改称される。
  • 1958年4月 - ステパノ神学院が合流。

特色

  • 聖書的きよめを教理的、体験的に教え、21世紀に間に合う日本及び世界宣教を担う神の器の養成。

著名な出身者

関連項目

外部リンク