操作

鉄道総合技術研究所

鉄道総合技術研究所
Railway Technical Research Institute
団体種類 公益財団法人
設立 1986年12月10日
所在地 東京都国分寺市光町二丁目8番38号
北緯35度42分10.07秒東経139度26分36.93秒
起源 帝国鉄道庁鉄道鉄道調査所
主眼 鉄道技術及び鉄道労働科学に関する基礎から応用にわたる総合的な研究開発、調査等を行うこと
活動内容 鉄道技術及び鉄道労働科学に関する研究開発
鉄道及びこれに関連する技術及び科学の調査 他
ウェブサイト http://www.rtri.or.jp/
テンプレートを表示

公益財団法人鉄道総合技術研究所
(てつどうそうごうぎじゅつけんきゅうしょ、: Railway Technical Research Institute

鉄道技術や鉄道労働科学に関する研究開発、調査、コンサルタントを手がける機関。略称はJR総研、または鉄道総研。

日本国有鉄道(国鉄)時代の1986年(昭和61)に、本社の技術開発部門および、鉄道技術研究所(1949年設立)と鉄道労働科学研究所(1963年設立)等の業務を継承する財団法人として設立された。

翌1987年のJR発足後、本格的な事業活動を開始し、鉄道技術および鉄道労働科学に関する基礎から応用にわたる総合的な研究開発や調査を行う。

2011年(平成23)4月、財団法人から公益財団法人に移行した。北海道旅客鉄道(JR北海道)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、四国旅客鉄道(JR四国)、九州旅客鉄道(JR九州)および日本貨物鉄道(JR貨物)のJR7社が、設立基金および毎年の負担金を出している。

研究開発の柱は大きく三つある。鉄道に関する基礎研究、実用的な技術開発、将来に向けた研究開発である。具体的な研究開発の方向として、安全性の向上、低コスト化、環境との調和、利便性向上を目ざしている。


外部リンク