actions

野添ひとみ

野添 ひとみ(のぞえ ひとみ、本名:川口 元 かわぐち もと、1937年2月11日 - 1995年5月4日[1])は、女優。夫は俳優の川口浩。実姉で双子の野添和子はひとみの付き人を長く務めた後、大映テレビプロデューサーになった。

来歴・人物

ファイル:Oyafuko Dōri.1958.jpg
映画『親不孝通り』(1958年、スチル写真)での野添(左)と川口浩(右)

東京市牛込区(現東京都新宿区富久町)出身。6人兄弟(姉4人に兄1人)の末っ子。丸の内に勤める父が近所の人に頼み、同行させてもらった疎開先の敦賀市が軍港だったため戦災に遭い、苦渋の策として秩父の遠戚家庭へ移り住む、中学2年生でようやく帰京が叶って中野坂上に落ち着いた。松竹歌劇団(SKD)の新人募集に超難関を潜り抜け合格、中学校卒業と同時に養成所である松竹音楽舞踊学校に入ると早速声がかかり、1952年松竹映画『うず潮』で佐田啓二の相手役として銀幕デビューした[1]。その後は幾つかの松竹作品に出演したが、1957年に交際中の川口浩大映重役である父親の川口松太郎に頼み込み、大映へ移籍した[1]

1959年4月26日、カンヌ国際映画祭に出席のためフランスへ出発。同5月22日、日本へ帰国した。当時はまだ海外渡航自由化の前で、貴重なフランス訪問となった。

1960年、大映で共演の多かった川口浩と結婚した。2人の娘をもうけ、1977年より『川口浩探検隊』が大人気シリーズとなるが、1983年2月には次女を17歳の若さで失い、1987年11月には夫・浩にで先立たれるという不幸に見舞われる。他にも川口の兄弟の薬物事件などもあった。その後は甲状腺癌にかかり、1995年5月4日、夫と同じく東京都新宿区東京女子医大病院で死去した。享年58[1]

主な出演

映画

テレビドラマ

その他のテレビ番組

著作

  • 浩さん、がんばったね(1988年6月・講談社)ISBN 406203851X

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「prf」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません

外部リンク