actions

野坂昭如

野坂 昭如(のさか あきゆき、1930年昭和5年)10月10日 - 2015年平成27年)12月9日[1]

小説家。生母との死別後,神戸の親戚に養子として引き取られた。第2次世界大戦末期,1945年6月の大空襲で養父母を失い,妹とともに戦災孤児となった。妹が栄養失調で衰弱死したのち大阪,神戸,東京で放浪生活を送り,その間,食べ物欲しさから窃盗を働き少年院に収容された。思春期におけるこれらの体験が「焼け跡闇市派」としての原点となり,のちの直木賞受賞作である『火垂るの墓』(1967)と『アメリカひじき』(1967),および『一九四五・夏・神戸』(1976)につながる。1950年早稲田大学仏文科に入学したが,バーテンダー,闇屋などさまざまなアルバイトにのめり込んで中途退学。1955年三木鶏郎の冗談工房に入社,これを契機にコント,コマーシャルソング,テレビ台本などの分野で頭角を現し,1963年には童謡『おもちゃのチャチャチャ』で日本レコード大賞作詞賞を受賞。また「黒メガネのプレイボーイ」姿でマスコミをにぎわした。小説家としての第一作『エロ事師たち』(1966)は,戦後の性風俗の氾濫と退廃のなかにおける人間の極限の姿を,独特な長い話文体で描ききった作品で,三島由紀夫吉行淳之介らの絶賛を浴びた。その後も『本朝淫学事始』(1971)など,性を切り口にしながら社会や教育によって真の人間性がそこなわれてゆくことへの危惧を訴えた。一方で歌手,キックボクサーなどとしても活躍。1972年,雑誌『面白半分』に掲載された『四畳半襖の下張』にかかわる裁判で被告席に立った(猥褻罪)。1983年には参議院議員通常選挙に立候補し当選,さらにロッキード事件に際して田中角栄の金権政治を批判し,同 1983年田中の地元から衆議院議員総選挙に立候補し落選した。2002年泉鏡花賞受賞。ほかの著作に『とむらい師たち』(1967),『骨我身峠死人葛』(1969),『死の器』(1973),『赫奕たる逆光――私説・三島由紀夫』(1987),『同心円』(1996,吉川英治文学賞)など。

外部リンク



楽天市場検索: