actions

都道府県立自然公園

都道府県立自然公園(とどうふけんりつしぜんこうえん)とは、自然公園法およびそれに基づく都道府県条例の規定に基づき、その都道府県を代表する優れた風景地について知事が指定する自然公園の一種である。環境大臣が指定する国立公園国定公園とともに、自然環境の保護と快適で適正な利用を目的として設定されている。2012年(平成24年)6月1日現在、全国で315箇所、1,977,528haの都道府県立自然公園が指定されている[1]

都道府県立自然公園一覧

北海道地方

北海道

12ヵ所

東北地方

青森県

7ヵ所

岩手県

7ヵ所

宮城県

8ヵ所

秋田県

8ヵ所

山形県

6ヵ所

福島県

11ヵ所

関東・甲信越地方

茨城県

9ヵ所

栃木県

8ヵ所

群馬県

なし。しかし、自治体独自での公園は指定しており、赤城山一帯を含む赤城県立公園や榛名山一帯を含む榛名県立公園など6つの県立公園を設けている。

埼玉県

10ヵ所

千葉県

8ヵ所

東京都

6ヵ所

神奈川県

4ヵ所

山梨県

2ヵ所

長野県

6ヵ所

新潟県

13ヶ所

北陸・東海地方

富山県

6ヶ所

石川県

5ヶ所

福井県

1ヵ所

岐阜県

15ヶ所

静岡県

4ヶ所

愛知県

7ヶ所

三重県

5ヶ所

関西地方

滋賀県

3ヵ所

京都府

3ヵ所

大阪府

1ヶ所

兵庫県

11ヶ所

奈良県

3ヶ所

和歌山県

2009年4月に見直しがあり、3公園が追加され、1公園(大池貴志川県立自然公園)が指定解除となった。また2010年3月に1公園(古座川県立自然公園)が指定された[2]。2015年9月には田辺市南部白浜海岸県立自然公園と熊野枯木灘海岸県立自然公園の2公園が吉野熊野国立公園に編入されたため、指定解除となっている。

11ヶ所

中国・四国地方

鳥取県

3ヶ所

島根県

11ヶ所

岡山県

7ヶ所

広島県

6ヵ所

山口県

4ヶ所

徳島県

6ヵ所

香川県

1ヵ所

愛媛県

7ヶ所

高知県

18ヶ所

九州地方

福岡県

5ヶ所

佐賀県

6ヵ所

長崎県

6ヵ所

熊本県

7ヶ所

大分県

5ヶ所

宮崎県

6ヵ所

鹿児島県

9ヶ所

沖縄地方

沖縄県

4ヶ所

関連項目

典拠

  1. 国立公園 関連法令・各種資料(環境省)
  2. 和歌山県立自然公園の抜本的見直し事業”. 和歌山県環境生活部環境政策局環境生活総務課自然環境室. . 2010閲覧.