操作

近藤鉄己

テンプレート:特筆性 近藤 鉄己(こんどう てつみ 1916年 - 1945年8月3日[1])は、日本の元アマチュア野球選手。愛知県出身。ポジションは捕手

来歴・人物

愛知商業(現・愛知県立愛知商業高等学校)在学中は、甲子園に2回出場(内訳は春1回〔1935年〕。夏1回〔1935年〕。)出場した大会でどちらもベスト4まで進出し[2]、自身は1935年春の大会で優秀選手賞を受賞した[1]

愛知商業卒業後、1936年慶應義塾大学に進学。六大学野球でも活躍し、1939年秋季リーグで高木正雄バッテリーを組み、慶大の13季ぶりの優勝の立役者となった[1][3]

しかし慶大を卒業後応召され、終戦12日前の1945年8月3日フィリピンルソン島イフガオ州キャンガンにて、胸部貫通銃創により戦死した[1]。享年29。

東京ドーム内の野球殿堂博物館にある戦没野球人モニュメントに、彼の名が刻まれている[4]

脚注