actions

藤津郡



ファイル:Saga Fujitsu-gun.png
佐賀県藤津郡の位置(緑:太良町)

藤津郡(ふじつぐん)は、佐賀県肥前国)の

人口8,305人、面積74.3km²、人口密度112人/km²。(2018年4月1日、推計人口

以下の1町を含む。

郡域

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記1町に鹿島市嬉野市を加えた区域にあたる。

歴史

近世以降の沿革

知行 村数 村名
藩領 肥前佐賀藩 12村 鍋野村、大野原村、井手川内村、大浦村、糸岐村、多良村、飯田村、音成村、浅浦村、西牟田村、鳥坂村、美野村[1]
肥前鹿島藩 10村 中村、森村、八本木村、古枝村、納富分村、重ノ木村、高津原村、両岩村、常広村、三川内村
肥前蓮池藩 8村 馬場下村、下野村、岩屋川内村、伏原村、五町田村、谷所村、井手村、真崎村
鹿島藩・佐賀藩 1村 山浦村
佐賀藩・蓮池藩 5村 不動山村、吉田村、久間村、大草野村、下宿村

町村制以降の沿革

ファイル:Saga Fujitsu-gun 1889.png
1.南鹿島村 2.能古見村 3.八本木村 4.古枝村 5.七浦村 6.多良村 7.大浦村 8.北鹿島村 9.五町田村 10.久間村 11.塩田村 12.西嬉野村 13.東嬉野村 14.吉田村(紫:鹿島市 桃:嬉野市 赤:太良町)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(14村)
    • 南鹿島村 ← 高津原村、重ノ木村、納富分村(現・鹿島市)
    • 能古見村 ← 山浦村、三河内村(現・鹿島市)
    • 八本木村(単独村制。現・鹿島市)
    • 古枝村 ← 古枝村(現・鹿島市)
    • 七浦村 ← 音成村(現・鹿島市)、飯田村(現・鹿島市、太良町)
    • 多良村 ← 多良村、糸岐村(現・太良町)
    • 大浦村(単独村制。現・太良町)
    • 北鹿島村 ← 中村、常広村、井手村、森村(現・鹿島市)
    • 五町田村 ← 五町田村、真崎村、谷所村(現・嬉野市)
    • 久間村(単独村制。現・嬉野市)
    • 塩田村 ← 馬場下村、大草野村(現・嬉野市)
    • 西嬉野村 ← 下宿村、不動山村(現・嬉野市)
    • 東嬉野村 ← 下野村、岩屋川内村(現・嬉野市)
    • 吉田村(単独村制。現・嬉野市)
  • 明治30年(1897年6月1日 - 郡制を施行。
  • 大正元年(1912年12月1日(1町13村)
    • 南鹿島村が町制施行・改称して鹿島町となる。
    • 北鹿島村が改称して鹿島村となる。
  • 大正7年(1918年
    • 8月3日 - 八本木村が町制施行・改称して浜町となる。(2町12村)
    • 10月5日 - 塩田村が町制施行して塩田町となる。(3町11村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年4月22日 - 西嬉野村が町制施行・改称して嬉野町となる。(4町10村)
  • 昭和8年(1933年)4月1日 - 嬉野町・東嬉野村が合併し、改めて嬉野町が発足。(4町9村)
  • 昭和28年(1953年)4月1日 - 多良村が町制施行して多良町となる。(5町8村)
  • 昭和29年(1954年)4月1日 - 鹿島町・能古見村・古枝村・浜町・鹿島村が合併して鹿島市が発足し、郡より離脱。(3町5村)
  • 昭和30年(1955年
    • 2月11日 - 多良町・大浦村が合併して太良町が発足。(3町4村)
    • 3月1日 - 七浦村が分割し、一部(飯田の一部)が太良町、残部(音成および飯田の残部)が鹿島市にそれぞれ編入。(3町3村)
    • 4月1日 - 嬉野町・吉田村が合併し、改めて嬉野町が発足。(3町2村)
  • 昭和31年(1956年9月1日 - 塩田町・久間村・五町田村が合併し、改めて塩田町が発足。(3町)
  • 平成18年(2006年1月1日 - 塩田町・嬉野町が合併して嬉野市が発足し、郡より離脱。(1町)

変遷表

脚注

  1. 記載は美野分。

参考文献