actions

肝属郡



鹿児島県肝属郡の位置(1.東串良町 2.錦江町 3.南大隅町 4.肝付町 薄黄:後に他郡に編入された区域 薄緑・水色:後に他郡から編入された区域)

肝属郡(きもつきぐん)

鹿児島県大隅国)の

人口35,457人、面積712.64km²、人口密度49.8人/km²。(2018年4月1日、推計人口

以下の4町を含む。

郡域

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。「肝属地域」とする場合は両市を含む。

  • 鹿屋市の大部分(輝北町諏訪原・輝北町市成を除く)
  • 垂水市の一部(新城)
  • 東串良町・肝付町の全域

歴史

713年の大隅国設置当初から存在した4郡のひとつである。当時の郡域は大隅半島最南部(現・南大隅町、肝付町)にあたり、肝属川流域の大部分(現・鹿屋市、東串良町など)は姶羅郡大隅郡に属していた。

中世には肝付氏が高山(現在の肝付町)に拠点を置いた。姶羅郡は肝付氏の勢力拡大にともなって中世までに肝属郡に編入された。現在の姶良郡は江戸時代に設置された始羅郡(しらぐん)が起源であり、この姶羅郡との直接の関係はない。

脚注




楽天市場検索: