操作

細川政元

細川政元
時代 室町時代後期 - 戦国時代前期
生誕 文正元年(1466年
死没 永正4年6月23日1507年8月1日
幕府 室町幕府管領丹波摂津土佐守護
主君 足利義政足利義尚
足利義稙足利義澄
氏族 細川氏細川京兆家

細川 政元(ほそかわ まさもと)

室町時代中期の武将,管領 (在職 1486,87~?,90,94~1507) 。勝元の子。道号,雲関。法諱,宗興。足利義政の死後権勢をふるった畠山政長を,明応2 (1493) 年に倒し,11代将軍足利義澄を擁して幕府の中心となったが,養子澄之,澄元の家督争いにより,澄之派の香西元長らに殺された。



Rakuten 楽天市場検索: