actions

糸魚川-静岡構造線

いといがわしずおかこうぞうせん、英: Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line, ISTL

北は日本海岸の糸魚川市から,姫川,松本市,諏訪湖,韮崎市を経て,南の太平洋岸の静岡市にいたる構造線。1918年矢部長克により命名された。糸静線ともいう。フォッサ・マグナの西縁を画する大断層で,日本列島はこれによって東北日本西南日本に分けられる。逆断層を露頭し,西は中生代古生代の岩石を主とする山岳地帯,東は新生代新第三紀の地層,花崗岩類,火山岩からなる。(断層