操作

福田康夫

福田 康夫
ふくだ やすお
生年月日 (1936-07-16) 1936年7月16日(82歳)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市
出身校 早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒業
前職 丸善石油(現・コスモ石油)従業員
衆議院議員秘書
内閣総理大臣秘書官
現職 ボアオ・アジア・フォーラム諮問委員会主席
アジア人口・開発協会理事長
日本カヌー連盟会長
所属政党 自由民主党

内閣 福田康夫内閣
福田康夫改造内閣
在任期間 2007年9月26日 - 2008年9月24日
天皇 今上天皇(明仁)

内閣 第2次森改造内閣(省庁再編後)
第1次小泉内閣
第1次小泉第1次改造内閣
第1次小泉第2次改造内閣
第2次小泉内閣
在任期間 2001年1月6日 - 2004年5月7日

日本の旗 第67-69代 内閣官房長官
内閣 第2次森内閣
第2次森改造内閣(省庁再編前)
第2次森改造内閣(省庁再編後)
第1次小泉内閣
第1次小泉第1次改造内閣
第1次小泉第2次改造内閣
第2次小泉内閣
在任期間 2000年10月27日 - 2004年5月7日

内閣 第2次森内閣
在任期間 2000年10月27日 - 2000年12月5日

選挙区旧群馬3区→)
群馬4区
当選回数 7回
在任期間 1990年2月19日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

福田 康夫(ふくだ やすお、1936年昭和11年)7月16日 - )

政治家。内閣総理大臣(首相。在任 2007~08)。福田赳夫元首相の長男。1959年早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業して丸善石油に入社。1976年に衆議院議員の父の秘書となり,1977年には首相に就任した父を補佐する首相秘書官になった。1990年衆議院選挙に出馬して初当選。2000年第2次森喜朗内閣で内閣官房長官に就任,2001年小泉純一郎内閣で再任され,2004年国民年金保険料未納問題を理由に辞任するまで務めた。在任期間は 3年7ヵ月,計 1289日で,当時の歴代最長記録となった。イラクへの自衛隊派遣やテロ対策特別措置法制定などで主導権を握り,「影の外務大臣・防衛庁長官」といわれるほどの実力を発揮した。2006年の自由民主党総裁選挙では候補者に推されたが辞退。安倍晋三首相の突然の辞任で 2007年9月,第91代,58人目の首相に就任,憲政史上初めて親子 2代の首相が実現した。2008年9月,参議院での野党優位のもとで国会運営の展望が開けず,退陣した。

脚注

注釈

出典

  1. 第2次森改造内閣(再編前)までは国務大臣としての特命事項の扱いで『男女共同参画社会の形成の促進に関する政策を総合的に推進するための行政各部の所管する事務の調整』を担当。

    第1次小泉改造内閣までは特命担当大臣の扱いで『男女共同参画担当大臣』。