actions

福田康夫

福田 康夫(ふくだ やすお、1936年昭和11年)7月16日 - )

政治家。内閣総理大臣(首相。在任 2007~08)。福田赳夫元首相の長男。1959年早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業して丸善石油に入社。1976年に衆議院議員の父の秘書となり,1977年には首相に就任した父を補佐する首相秘書官になった。1990年衆議院選挙に出馬して初当選。2000年第2次森喜朗内閣で内閣官房長官に就任,2001年小泉純一郎内閣で再任され,2004年国民年金保険料未納問題を理由に辞任するまで務めた。在任期間は 3年7ヵ月,計 1289日で,当時の歴代最長記録となった。イラクへの自衛隊派遣やテロ対策特別措置法制定などで主導権を握り,「影の外務大臣・防衛庁長官」といわれるほどの実力を発揮した。2006年の自由民主党総裁選挙では候補者に推されたが辞退。安倍晋三首相の突然の辞任で 2007年9月,第91代,58人目の首相に就任,憲政史上初めて親子 2代の首相が実現した。2008年9月,参議院での野党優位のもとで国会運営の展望が開けず,退陣した。

脚注

注釈

出典