操作

田川市

たがわし
田川市
地方 九州地方
都道府県 福岡県
団体コード 40206-1
面積 54.55km2
(境界未定部分あり)
総人口 47,328[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 868人/km2
隣接自治体 飯塚市嘉麻市
田川郡香春町糸田町福智町川崎町
大任町
市長
外部リンク 田川市
特記事項 市外局番:0947
 表示 

田川市(たがわし)

福岡県中部,遠賀川の支流中元寺川 (ちゅうがんじがわ) と彦山川 (ひこさんがわ) の流域にある市。 1943年伊田 (いた) ,後藤寺 (ごとうじ) の2町が合体して市制。 55年猪位金 (いいかね) 村の一部を編入。 1889年石炭採掘が本格的に開始され,筑豊炭田最大の炭鉱都市として発展。 1955年には東洋一といわれた伊加利竪坑 (深さ 695m) が建設され最盛期を迎え,炭鉱数 20,人口も 10万を数えた。「炭鉱節」の発祥の地として知られる。しかし 60年頃からの石炭産業の不振により急速に衰微,炭鉱も逐次閉山し市勢も衰えた。現在は 18年頃から採掘されている石灰石を基盤にセメント工業が行われている。また産炭地域振興事業により,工業団地を造成し,電話機,縫製,窯業,食品加工,自動車部品などの工場を誘致して,産炭地から工業都市へ脱皮しつつある。歴史の古い鷹羽焼,英彦山焼,三岳焼などの窯元がある。カルスト地形の岩屋公園は筑豊県立自然公園に属する。 JR日田彦山線,後藤寺線,平成筑豊鉄道,国道 201号線,322号線が通る。

外部リンク




Rakuten 楽天市場検索: