actions

王貞治


王 貞治(おう さだはる、中国語拼音:Wáng Zhēnzhì〈ワン・チェンジー〉、1940年5月20日 - )は、東京府東京市本所区生まれ、中華民国籍の元プロ野球選手監督福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長GM日本プロ野球名球会顧問。

世界記録となるレギュラーシーズン通算本塁打868本を記録し、巨人のV9に貢献。国民栄誉賞受賞者第一号であり、2010年には文化功労者として顕彰された。

概要

一本足打法(世界のフラミンゴ)」と呼ばれる独特の打法で通算本塁打数、当時のシーズン本塁打数の日本記録を打ち立てるなど[1]ON砲として並び称された長嶋茂雄とともに、読売ジャイアンツの「V9」時代の顔として国民的人気を誇った。王の記録したシーズン公式戦通算本塁打868本は日本プロ野球記録であり、ハンク・アーロンが保持していた当時のメジャーリーグ通算本塁打記録の755本塁打を抜いた事で知られるほか[2]、数々の日本プロ野球記録を保持する(記録の詳細については後述)。

現役引退後は巨人、ダイエー・ソフトバンクで監督を歴任した。2008年シーズン終了と同時にソフトバンクの監督を退任し、同球団取締役最高顧問に就任。2009年1月1日より取締役会長。第1回ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の優勝監督であり、第2回大会では監督相談役、第3回大会では特別顧問[3]を務めた。

現在はソフトバンク球団取締役会長、日本プロ野球組織(NPB)コミッショナー特別顧問、読売巨人軍OB会顧問(2014年まで会長)、日本プロ野球名球会顧問、世界少年野球大会を主催する世界少年野球推進財団理事長、外務省より委嘱の野球特別大使、「ふるさと清掃運動会」実行委員長を務める。

中華民国二等景星勲章授与[4][5]東京都名誉都民[6]墨田区名誉区民[7]目黒区名誉区民[8]福岡市名誉市民[9]宮崎市名誉市民[10]

出典

外部リンク