actions

牧野隆守

牧野 隆守(まきの たかもり、1926年1月14日 - 2008年1月11日)は、日本政治家位階従三位勲等旭日大綬章

衆議院議員(6期)、労働大臣第2次小渕改造内閣第1次森内閣)を歴任。

来歴・人物

福井県坂井郡丸岡町(現・坂井市)出身。福井中学などを経て、東京大学法学部入学。東大在学中に高等文官試験司法科(現在の司法試験)合格。卒業後、1949年に旧商工省(のちの通産省)に入省。同期には藤原一郎(通産事務次官)、平松守彦、大永勇作(中小企業信用保険公庫総裁)、井川博(経済企画事務次官)、織田季明(官房審議官)、小泉孝夫(通産省工業検査所所長)などがいた。

ニューヨーク駐在・在ドイツ日本国大使館一等書記官などを経て、1974年8月に大阪通産局長で退官後、1979年第35回衆議院議員総選挙で初当選(当選同期に佐藤信二保利耕輔畑英次郎麻生太郎岸田文武白川勝彦丹羽雄哉亀井静香吹田あきら宮下創平亀井善之船田元など)。所属派閥は中曽根渡辺派を経て志帥会江藤・亀井派)旗揚げに参加。戦跡は6勝3敗(中選挙区時代は福井県全県区、小選挙区制導入で福井2区

宇野内閣内閣官房副長官第2次小渕改造内閣第1次森内閣労働大臣を歴任。その後自民党行政改革推進本部顧問を務めるが、かねてからの体調不良のため、2003年に政界から勇退した。座右の銘は「随処在主」与えられたポスト、現在ある立場でベストを尽くすことの意。

2003年旭日大綬章受章。

2008年1月11日、心不全のため死去。享年81。叙従三位

家族・親族


テンプレート:衆議院厚生委員長 テンプレート:衆議院内閣委員長

テンプレート:内閣官房副長官