actions

渡瀬マキ

渡瀬 マキ
出生名 渡瀬 麻紀(わたせ まき)
生誕 (1969-02-22) 1969年2月22日(50歳)
出身地 三重県鳥羽市
ジャンル J-POP
職業 歌手
作詞家
タレント
事務所 アップフロントクリエイト
共同作業者 LINDBERG
佐藤準
月光恵亮
上田ケンジ
公式サイト 渡瀬マキ オフィシャルブログ

渡瀬 マキ(わたせ マキ、1969年2月22日 - )は、日本歌手タレント1986年に芸能界デビュー、1987年アイドル歌手としてデビュー。1988年に結成(2002年に一時解散したのち2014年に本格再始動)されたバンド「LINDBERG」のボーカルとして知られる。アップフロントクリエイトアップフロントグループ)所属。

パーソナルデータ

来歴

  • 中学生の頃から松田聖子に憧れ、歌手を目指す。
  • 1986年、1986ヤングジャンプクイーン、グランプリを受賞して芸能界入り。本名の渡瀬 麻紀として活動を開始し、同年10月からフジテレビ正義の味方株式会社』にレギュラー出演。
  • 1987年6月、「パールモンド・Kiss」でアイドル歌手としてデビュー。当時のキャッチフレーズは「真珠のような女の子」(出身地である鳥羽に因んで)。同期デビューには、森高千里酒井法子畠田理恵BaBe立花理佐石田ひかり仁藤優子などがいた。
  • 1988年、アイドル時代のバックバンドメンバーの平川達也、更に平川の音楽仲間であった川添智久、小柳昌法と共にバンド「LINDBERG」を結成。1989年にデビュー。
  • 1990年4月から1991年12月まで『オールナイトニッポン』木曜2部のパーソナリティを担当。
  • 1995年、渡瀬マキ名義でのソロアルバムをリリース。
  • 1997年10月16日、平川達也と結婚。
  • 1999年11月6日、長男を出産。
  • 2002年8月24日、LINDBERGが解散。その後、音楽活動を休止する。
  • 2003年8月26日、長女を出産。
  • 2006年、自身がプロデュースした子供服ブランド「Ontembaar」[1]を立ち上げる。
  • 2007年5月、長男がファンだという子供番組『モンすたージオ』のテーマソングの依頼を受け、解散以来5年振りの新曲「色々iroiro」(作詞:渡瀬マキ、作・編曲:平川達也)を発表。2007年11月21日発売の『いっしょにうたおう モンすたベスト』に収録される[2]
  • 2008年、平川達也とのユニット「スマイルゴーラウンド」を結成。
  • 2008年12月15日、2009年2月22日の40歳誕生日(初のソロ)ライブ「Present」開催を発表[3]
  • 2009年2月のソロライブ「Present」にて、同年12月31日まで期間限定のLINDBERG再結成を発表。
  • 2010年、平川達也とのユニット「タツマキ」を結成。
  • 2013年10月、所属事務所をアップフロントクリエイトに移籍。
  • 2014年1月、LINDBERGが結成25周年を迎えるのに伴い4年ぶりに再始動することが明らかとなった[4]
  • 現在、二児の母として、また子供服のデザイン・販売、詩の提供など行い、「タツマキ」としても精力的に活躍中。また、タレントとして情報番組やバラエティ番組にも出演。
  • 2015年5月7日、第8回ベストマザー賞音楽部門を受賞[5]
  • 2018年4月11日、「機能性発声障害」と診断されたことを明らかにする[6]

ディスコグラフィ

シングル(7"EP")

「渡瀬麻紀」名義でシングルを3枚発表している。

  1. パールモンド・Kiss / 涙のキッス(1987年6月1日 7DX-1500 ポリドール
  2. I Love You / コラ! Lazy Boy(1987年9月25日 7DX-1525 ポリドール)
  3. ノーカウント / 雨は止まない(1988年4月1日 7DX-1511 ポリドール)

アルバム(CD)

全て「渡瀬マキ」名義によるもの。

  1. message d'amour(1995年9月21日 / BVCR-719)
  2. double berry(1997年3月5日 / BVCR-782)
  3. Happiness on The Kitchen Table(2002年5月29日 / LCFC-0003)

非売品

  • 鉄腕アトム(2008年12月、グッドイヤー「ICE NAVI ZEA」CMソング) - CM公開時期にタイヤを購入すると限定でプレゼントされた。
  • たいせつなともだち(2013年春、ベネッセコーポレーション 卒園ソング) - 『チャレンジ1年生』販促用DVDのエンディングテーマとして使われていた曲のカバー。2013年春配布盤に「ありがとうようちえんver.」と「ありがとうほいくえんver.」の2曲が、渡瀬のボーカルによるボーナス・トラックとして収録されている。

参加楽曲

  • OVER THE TOPEASY GLIP guest vocal.渡瀬マキ
    Album『TEENAGE GRAFFITTI』M-02 (バッドニュース, 2002/1/23, BACA-8) LINDBERGのカバー
  • 「恋のドッキドキ大作戦」 THE イナズマ戦隊 feat. 渡瀬マキ (from LINDBERG)
    Single『恋のドッキドキ大作戦』M-1 (日本クラウン, 2009/4/22, CRCP-10219)
    Album『ジタバタ大作戦!!』M-5 (日本クラウン, 2009/5/20, CRCP-40237) Album Mixにて収録
  • 今すぐKiss MeJURIAN BEAT CRISIS feat.渡瀬マキ
    Album『JURIAN BEAT CRISIS』M-14 (avex, 2010/9/1, AVCD-38151/AVCD-38152) LINDBERGのカバー

オムニバス

  • 「色々iroiro」(オリジナル未収録)
    『いっしょにうたおう モンすたベスト "色々iroiro"』M-2 (ポニーキャニオン, 2007/11/21, PCCG-868)
  • 「星の降る街」(『Message d'amour』収録曲)
    『Winter Lovers -X'mas, Winter Song Collection-』M-12 (BMG JAPAN, 2006/11/8)
    『Kiss -X'mas love story-』M-10 (BMG JAPAN, 2003/11/26)

提供曲

  • 作詞「純情ってなんだい?」 川添智久
    AL『WATER COLORS』(1994年12月15日 / PHCL-5505)
  • 作詞「南十字星」 Chère
    SG『カスタード』(2000年1月21日 / EPDE-1059)
  • 作詞「ボクの未来」 TOKIO
    SG『どいつもこいつも/ボクの未来』(2001年3月7日 / UUCH-5015)
  • 作詞「ずっとキミがすきだった」 奥田綾乃
    SG『ずっとキミがすきだった』(2002年3月27日 / EPCE-5151)
  • 作詞「Hold my soul」 島谷ひとみ
    SG『亜麻色マキシ』(2002年7月10日 / AVCD-30382)
  • 作詞「ふたりの空」 CLOUDICA
    AL『thanks & greetings』(2006年10月14日 / MAE-79003)
  • 作詞「time 〜僕らがまだ知らないチカラ〜」 宮崎羽衣
    SG『キズナノ唄』(2009年5月27日 / FVCG-1089 (初回限定盤) / FVCG-1090 (通常盤))

単行本

  • しあわせなおなか(2000年7月、集英社、ISBN 4-08-333018-X)

出演

テレビ番組

ラジオ番組

ネット配信番組

映画

ライブ出演

※LINDBERGとしての出演を除く。

  • 2009年02月22日、ソロライブ"Present" @Shibuya DUO(渋谷)
  • 2009年07月10日、ソロライブ"Present" @O-EAST(渋谷)
  • 2009年07月17日、ソロライブ"Present" @CLUB QUATTRO(心斎橋)
  • 2010年05月15日、イベント"JAPAN JAM 2010" @富士スピードウェイ(静岡) (10-FEETのゲスト)
  • 2010年08月01日、イベント"GIRL POP FACTORY 01" @Zepp Tokyo(お台場)
  • 2010年09月11日、動物愛護イベント"Save one Smile〜NUKUMORI〜" @Shibuya DUO(渋谷) [タツマキ]
  • 2010年09月12日、JURIAN BEAT CRISIS"デビューアルバム発売記念ミニライブ" @川崎ラゾーナ(ルーファ広場)
  • 2010年11月13日、イベント"第5回 渋谷音楽祭 Openning Live" @C.C.Lemonホール(渋谷)
  • 2011年03月31日、チャリティーイベント"越路緊急ミーティング" @月見ル君想フ(青山) [タツマキ]
  • 2011年09月10日、JURIAN BEAT CRISIS"デビュー2周年記念ワンマンライブ!" @shibuya eggman(渋谷)
  • 2012年02月24日、タツマキ"2月の会 Vol.1" @O-WEST(渋谷)
  • 2013年02月23日、タツマキ"2月の会 Vol.2" @O-WEST(渋谷) →体調不良のため中止
  • 2013年06月06日、"Guitar☆Man LIVE #005 -KING OF POPS-" @東京キネマ倶楽部(鴬谷) [タツマキ]
  • 2013年06月21日、ソロライブ"渡瀬マキの音楽室" @KIWA(二子玉川)
  • 2014年01月18日、MUSIC FESTA Vol.2 @なんばHatch(大阪)
  • 2014年01月25日、MUSIC FESTA Vol.2 @Zepp Fukuoka(福岡)
  • 2014年02月01日、MUSIC FESTA Vol.2 @Zepp Sapporo(札幌)
  • 2014年02月16日、MUSIC FESTA Vol.2 @CLUB CITTA'(川崎)
  • 2014年02月23日、MUSIC FESTA Vol.2 @CLUB DIAMOND HALL(名古屋)
  • 2014年06月08日、TOSHI祭り!BUZZ☆DRUM 〜30th Anniversary & Birthday〜 Produced by GLAY @渋谷公会堂(渋谷)
  • 2015年04月18日、MUSIC FESTA Vol.3 @Zepp Sapporo(札幌)
  • 2015年04月29日、MUSIC FESTA Vol.3 @DRUM LOGOS(福岡)
  • 2015年05月04日、MUSIC FESTA Vol.3 @Zepp Nagoya(名古屋)
  • 2015年05月09日、MUSIC FESTA Vol.3 @umeda AKASO(大阪)
  • 2015年05月15日、MUSIC FESTA Vol.3 @TSUTAYA O-EAST(東京)

逸話

  • アイドル時代にマンスリーアシスタントを務めていた『ABCラジオファンキーズ』では、ABCラジオの深夜番組で当時人気のあった「ケンクス」(大岩堅一楠淳生のアナウンサーコンビ)を相手に「どろけ」という鳥羽弁を連発。2007年8月6日放送のテレビ朝日系『快感MAP』に、「タカアンドトシが大好きだったあの人に会いたいMAP」という企画で出演した際には、音楽活動時と変わらぬ雰囲気と鳥羽弁でタカアンドトシを喜ばせた[7]
  • フジテレビ『夢で逢えたら』のコーナー「バッハスタジオII〜ホコ天キングへの道〜」の本番収録時、渡瀬はLINDBERGの新曲「OH! ANGEL」を歌唱中に2回も続けて歌詞が出てこなくなり、その都度ダウンタウン浜田雅功から怒鳴られた。
  • 2007年3月14日、「every little thing every precious thing」を入場曲にしている阪神の藤川球児と初対面し、曲に対する思いを聞く[8]
  • 2007年8月18日放送の毎日放送知っとこ!』に、藤川球児の特集コーナーにコメント出演[9]。同年8月28日には甲子園球場で阪神対広島戦を観戦[10]。藤川の登場シーンと球場に流れる「every little thing every precious thing」の大合唱でメガホンを揺らし一体となる球場の様子を実際に見て感動し、涙を流した[11]

交友関係

  1. Ontembaar公式ウェブサイト」(現在、サイトは閉鎖)
  2. 元リンドバーグの渡瀬マキ、解散後5年ぶりの新作発売BARKS
  3. 渡瀬マキのオンテンバールなブログ. “ライブやる!”. . 2008年12月29日閲覧.
  4. LINDBERG、4年ぶり再始動で「音返し」 - オリコン 2014年1月14日。
  5. LINDBERG渡瀬マキオフィシャルブログ. “ベストマザー賞”. . 2015年5月7日閲覧.
  6. “渡瀬マキ「身体が弱っていき」機能性発声障害を発表”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年4月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804110000437.html . 2018閲覧. 
  7. 2007/8/6 「タカアンドトシが大好きだったあの人に会いたいMAP」
  8. 日刊スポーツ 2007年3月15日 4面
  9. 本人のブログの記事
  10. ■お知らせ■ 渡瀬マキさんよりメッセージ!!”. 藤川球児フィシャルウェブサイト (2007年8月28日). . 2016閲覧.
  11. 2007年8月29日 デイリースポーツ 3面

外部リンク

テンプレート:LINDBERG