操作

添上郡



奈良県添上郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された区域)

添上郡(そえかみぐん)は、奈良県大和国)にあった

郡域

1880年明治13年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 奈良市の一部(都祁馬場町、荻町以南[1]および月ヶ瀬嵩を除く概ね奈良阪町、法華寺町、二条大路南一丁目、三条大路一丁目、四条大路一丁目、大安寺町、八条町、八条、杏町[2]以東)
  • 大和郡山市の一部(新庄町を除く下三橋町、稗田町、若槻町、中条町、横田町以東)
  • 天理市の一部(櫟本町・和爾町・楢町・森本町・蔵之庄町・中之庄町)
  • 山辺郡山添村の一部(室津・松尾・桐山・峰寺・的野・北野[3]

脚注

  1. 旧・都祁村の区域。
  2. 奈良市街の住居表示実施地区については不詳。概ね佐保川以西とみられる。
  3. 一旦、1876年まで山辺郡に所属していた部分を除く




Rakuten 楽天市場検索: