actions

水野忠邦

水野 忠邦(みずの ただくに)

[生] 寛政6(1794).6.23. 江戸

[没] 嘉永4(1851).2.10. 江戸

江戸時代後期の幕府老中。天保の改革の主導者。唐津藩主水野忠光の次子。母は側室恂 (じゅん) 。幼名,於菟五郎。松軒または菊園と号した。文化9 (1812) 年8月 19歳で襲封。奏者番,寺社奉行を兼ねて幕政に参与。唐津を領する者は老中になれないという慣例で,同 14年転封を願い出て浜松へ移った。大坂城代,京都所司代を経て天保5(34) 年老中に任じられた。同 12年 11代将軍徳川家斉の死後,天保の改革を宣言し,引続き徳川家慶を助けて鋭意改革を推進したが,わずか2年で失敗。弘化2 (45) 年老中を辞した。