操作

水曜日

水曜日(すいようび)は、火曜日木曜日の間にあるの一日。 週の始まりを日曜日と考えると4日目、週の始まりを月曜日と考えると3日目となる。

各言語での名称

ベトナム語では第4を意味する「thứ tư」が水曜日の意味にも使われ、またドイツ語でも「真ん中の日」(Mittwoch)と呼ばれるのに対し、中国語では「星期三」もしくは「禮拜三」という。

日本語朝鮮語の名称は、七曜の1つである水星 (Mercury) の日にちなむ。ロマンス諸語ではメルクリウスの日であるが、英語: Wednesdayのようにゲルマン諸語ではオーディンの日である。これは古代ローマで、ゲルマン神話の魔術神オーディンを自分たちのメルクリウスのような神と見なしたからである。また、五行思想の最後で、は水行をする。

キリスト教における水曜日

灰の水曜日はキリスト教徒の懺悔の日である。正教会を始めとする東方教会では、イスカリオテのユダキリストを裏切った日であると伝承する。このため特定の時期を除きの日とする。

水曜日に関する作品

脚注