actions

毛利就芝

毛利就芝
時代 江戸時代前期
生誕 寛文9年(1669年
死没 元禄8年2月20日1695年4月3日
主君 毛利吉就吉広
長州藩
氏族 阿川毛利家

毛利 就芝(もうり なりしげ)は、江戸時代前期の武士長州藩一門家老である阿川毛利家の5代目当主。父は4代目当主の毛利就泰。正室は栗屋就尚の娘。子は毛利広規益田兼昌

生涯

寛文9年(1669年)、阿川毛利家4代目当主・毛利就泰の次男として生まれ、天和2年(1682年12月21日、藩主・毛利吉就から「玄蕃」の官途名と「就」の偏諱を与えられた。

元禄2年(1689年)、父の死去により家督を相続し、長州藩一門家老、阿川領主となる。桜井作右衛門に命じ、本山岬を整備し、番所を設置する。また、岬東岸の東大泊入江の開作(干拓)を行った。

元禄8年(1695年2月20日に死去。享年27。家督は嫡男の広規が相続した。墓所は山口県長門市の深川大寧寺にある。

参考文献