actions

橋本大二郎

橋本 大二郎(はしもと だいじろう、1947年(昭和22年)1月12日 - )は、日本政治家。第13 - 16代高知県知事(4期連続)、元NHK職員(記者キャスター)、東アジア共同体研究所理事、武蔵野大学法学部政治学科客員教授[1]

橋本龍伍の二男。第82代第83代内閣総理大臣橋本龍太郎の異母弟。

経歴

生い立ち

大蔵官僚橋本龍伍の次男として東京に生まれる。

麻布高校卒業後、東京大学受験に二度失敗し、慶應義塾大学経済学部卒業。同大学法学部学士入学・卒業、NHKに入局し福岡放送局記者を皮切りに主に社会部畑を歩く。特に『NHKニュースTODAY』の社会部門キャスターとしての活躍が目覚しく、昭和天皇の闘病と崩御を始めとした皇室報道で有名になった。

高知県知事

1991年(平成3年)、NHKを退職、高知県知事選挙に立候補し、高知県知事選挙史上最多の31万6968票獲得して初当選した(当時最年少知事で44歳で初当選)。

1995年(平成7年)には当時の流行語になるほど問題になった官官接待を、全国の地方自治体に先駆けて廃止した[2]

2000年(平成12年)、政治の透明化を目指し、高知県知事室にライブカメラを設置する。

2001年(平成13年)1月8日高知市が開催した成人式での挨拶の際、知事に「帰れ」などと言って騒ぐ新成人を「静かにしろ!」「出て行け!」と一喝した[3]。なお、翌年以降の成人式は全て欠席している[4]

2004年(平成16年)9月高知県議会百条委員会が「1991年(平成3年)の知事選において元後援会事務局長が1億円を借り、県工事受注業者からの資金で借金を返済したと判断できる」との報告書をまとめた。この問題に関して10月8日、知事辞職勧告決議が提出され可決(賛成22票、反対15票)。この結果を受けて知事を辞任した。11月28日出直し選挙が行われ、橋本が再選された。出直し選挙の背景には、次男による強制わいせつ事件への批判も挙げられている。

2007年(平成19年)8月1日、同年11月執行の高知県知事選挙に出馬せず、4期(5選)で退任する意向を固め記者会見にて発表した。同年12月6日、任期満了に伴い高知県知事を退任した。

知事退任後

知事退任時に次回2009年(平成21年)の(第45回)衆議院議員総選挙への出馬(高知県第1区)を表明した。当初は与野党の別を問わず、既存政党から距離を置く姿勢を表明していたが、鳩山由紀夫民主党幹事長)と会談し、同党と選挙協力関係を構築することで一致、総選挙告示前の新党結成に含みを持たせた[5]。しかし、選挙戦では民主党も候補者を擁立した。当初は橋本の圧勝が確定的であったが、選挙直前に民主党候補が伸張して反自民票を喰い合い、福井照自民党公認候補・現職)に競り負けた。以降、国政選挙への立候補歴はない。

2010年(平成22年)4月に早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授、2011年(平成23年)4月に慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特別招聘教授、2013年(平成25年)4月に武蔵野大学客員教授に就任した。

2014年(平成26年)4月よりテレビ朝日ワイド!スクランブル』のメインキャスターを務める。24年ぶりのキャスター復帰である。

2018年(平成30年)秋の番組改編に伴い、9月末を以って『ワイド!スクランブル』のメインキャスターを降板することが分かった[6]

年譜

家族・親族

橋本家

岡山県総社市倉敷市東京都渋谷区港区
実家
ファイル:Hashimoto Family.jpg
左から大二郎、父・龍伍、母・正、兄・龍太郎
1956年(昭和31年)撮影
自家
  • 妻、息子(2人)
    2人の息子は大二郎の実子ではなく、妻が死別した夫(元NHKの職員)との間にもうけた子である[9]

出演

テレビ番組

ラジオ番組

  • 大二郎'Sワールド(高知放送、2000年)

映画

著書

  • 橋本 大二郎 『破天荒、大二郎がゆく』(ハードカバー) 講談社、1993/01。ISBN 9784062051569。
  • 中川 和雄・橋本 大二郎 『対談 知事として』(単行本) 毎日新聞、1993/04。ISBN 9784620309330。
  • 橋本 大二郎 『「政治家」無用論』(単行本) 講談社、1995-07。ISBN 9784062077682。
  • 橋本 大二郎 『土佐発 情報維新―「新いなか主義」が拓く地方からのマルチメディア革命』(単行本) 徳間書店、1995-10。ISBN 9784198603724。
  • 橋本 大二郎 『未来日本の構図―「情報生活維新」が示す個人と社会の新しい可能性』(単行本) くまざさ社、1999-06。ISBN 9784938546465。
  • 橋本 大二郎 『知事―地方から日本が変わる』(新書) 平凡社平凡社新書〉、2001-05。ISBN 9784582850871。
  • 浅野 史郎北川 正恭・橋本 大二郎 『知事が日本を変える』(新書) 文藝春秋文春新書〉、2002-04。ISBN 9784166602384。
  • 橋本 大二郎 『いつもハッピー』(単行本) 講談社〈ヒューマンBOOKS〉、2002-11-12。ISBN 9784062713528。
  • 浅野 史郎・北川 正恭・橋本 大二郎 『地方から日本を変える : 改革派知事が語る新しい民主主義の実践』(単行本) 北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター編、北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター〈Academia juris booklet ; no.12〉、2004-03。ISBN 4902066114。
  • 橋本 大二郎 『融通無碍』(単行本) ノブレスオブリージュ、2006-03。ISBN 9784990289119。
  • 橋本 大二郎 『未来へ―「霞が関と永田町」大改革の処方箋』(単行本) プレジデント社、2009-06。ISBN 9784833491150。

脚注

  1. 武蔵野大学法学部政治学科教員紹介
  2. 橋本大二郎氏キャスター復帰テレ朝昼の顔 - 芸能ニュース : nikkansports.com
  3. その際に「お前が出て行け!」と言い返され、「みなさん、どう思いますか」と他の出席者に意見を聴いた。野次を飛ばした新成人たちは後日、森田益子県議に連れられて知事を訪れ、「帰れ」と言ったのは地元の出身者でないのに知事だからと出てきたことへ反感を抱いたためであると説明し、そのうえで、マスコミに報道されるなどの結果を遺憾であるとし、騒いだことを謝罪している。これに対して「わかりました。ただ、私の話を聴いている人たちもいたのです」と言った。
  4. ただし2003年(平成15年)の高知市成人式にはサプライズゲストとして出席している。
  5. 鳩山幹事長と橋本前高知県知事、選挙協力へ(日テレNEWS24
  6. “橋本大二郎氏 テレ朝「ワイド!スクランブル」9月末で降板、秋の改編伴い”. Sponichi Annex. (2018年7月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/11/kiji/20180710s00041000466000c.html . 2018閲覧. 
  7. 7.0 7.1 『人事興信録 5版』(大正7年)は八五
  8. 『衆議院会議録情報 第042回国会 本会議 第1号』
  9. 橋本大二郎公式サイト/自分史:自分のこと

外部リンク

テンプレート:高知県知事