actions

棚氷

棚氷(たなごおり、: ice shelf)とは、陸上の氷河または氷床に押し出され、陸上から連結して洋上にあるを指す。その上面は多くの場合、平坦な形状となっている。氷棚(ひょうほう)とも呼ぶ。

洋上にある氷という点では、海氷と似ているが棚氷は陸上で形成され、海氷よりもだいぶ厚くなることがある点が異なる。海氷は通常、数m程度の厚さであるが棚氷はもっと厚く数十mの厚さとなることがある。

氷山とも、陸上の氷と連結している点が異なる。ただし、棚氷の先端部では、沖合いへ氷が移動する動きが行われており、波浪や解氷などによって氷の分離が行われ、テーブル型氷山の生成が行われている。

南極カナダ北部・グリーンランドなどの極地でのみ見られる。最も大きなものは南極のロス棚氷である。

北極の棚氷

カナダ

南極の棚氷

2001年現在の棚氷の一覧。


脚注

関連項目

外部リンク



* カテゴリ:雪氷現象