actions

星ヶ城山


星ヶ城山(ほしがじょうさん、ほしがじょう)は、瀬戸内海中央部、小豆島町(旧・内海町)の中央東部にある標高817m(東峰)の。西峰と東峰からなり、西側に日本三大渓谷美の一つ寒霞渓(三笠山)を有する。

概要

瀬戸内海で最も高い山であり、瀬戸大橋大鳴門橋明石海峡大橋が見渡せる。

南北朝時代に、南朝方の佐々木三郎左衛門尉飽浦信胤により築城した星ヶ城址、星ヶ城神社がある。 東西の両峰には、空壕、鍛冶場、水ノ手曲輪、烽火台などの跡が発見されている。

登山道

寒霞渓ロープウェイ山頂駅の北東、三笠山より登山道が続いている。また、小豆島ブルーラインから遊歩道がある。

ギャラリー



関連項目