操作

教皇のバビロン捕囚

Babylonian Captivity of the Avignon Popes

1309~77年ローマ教皇座が南フランス,アビニョンにおかれたことをさす。

13世紀末,教皇ボニファチウス8世はフランス王フィリップ4世と争い,1303年武力により監禁された。その死後,教会内のフランス勢力が優位になり,ボルドー大司教ベルトランが選ばれて教皇クレメンス5世となり,1309年以降南フランス,ローヌ河畔アビニョンに教皇座を移した。あとに続く6教皇はフランス人で,1309~77年の約 70年間アビニョン宮にあり,世人はヘブライ人のバビロン捕囚にたとえて,教皇の「バビロン捕囚」または「アビニョン捕囚」と呼んだ。

これらの教皇は,アビニョン教皇ともいわれる。教皇の不在により,教皇領の荒廃と聖職叙任の腐敗とを招き,ローマ帰還の要求が高まり,7代グレゴリウス11世がローマに帰還した。