actions

摺古木山

摺古木山(すりこぎやま)は、木曽山脈(中央アルプス)南部の主稜線上にある標高2,169mである。 山頂は長野県飯田市木曽郡大桑村の間にある。山頂には、一等三角点がある。[1]

概要

長野県道8号飯田南木曽線(大平街道)にある大平宿は、1970年昭和45年)に集団離村して廃村になった。その宿場の建物などが保存され、自然体験などの宿泊施設となっている。そこから北に東沢林道が伸びており、その終点には摺古木山自然休憩舎がある。

登山

登山ルート

東沢林道の終点に摺古木山の登山口がある。登山道は途中で二つのコース[2]に分岐して山頂で合流する。その山腹には風穴がある。[3]

  • 周遊路コース - 西にある天然公園展望台へ向かう巻道ルート。山頂へ向かう登山道沿いに、摺古木自然園や摺古木展望台がある。周辺の高層湿原ではモウセンゴケが見られ、シャクナゲの群生地がある。展望台からは御嶽山や、中央アルプス・北アルプスの山々が望める。
  • 中央コース - 登山道には、大きな花崗岩の岩が点在する。登山道の中間の東側には、風穴山がある。
  • 中央縦走路 - 安平路山方面へ続く、中央アルプスの主稜線の縦走ルートがある。

周辺の山小屋

中央アルプスの有人の山小屋は、完全予約制となっている。駒ヶ岳頂上山荘にのみキャンプ指定地がある。最寄りの有人の山小屋は越百小屋。

画像 名称 所在地 収容人数 備考
70px 安平路避難小屋 安平路山とシラビソ山
との鞍部
 15人 無人小屋
Gthumb.svg.png 摺古木山自然休憩舎 東沢林道終点
摺古木山登山口
休憩所

脚注

  1. 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. . 2016閲覧.
  2. 『長野県中信・南信日帰りの山』章文館、2006年、ISBN 4-901-74205-1、P326-328
  3. 『ヤマケイ アルペンガイド 中央アルプス』山と渓谷社、2000年、ISBN 4-635-01320-0、P144-148

関連図書

  • 『新日本山岳誌』ナカニシヤ出版、ISBN 4-7795-0000-1
  • 『ヤマケイ アルペンガイド 中央アルプス 御嶽山・白山』山と渓谷社、2009年、ISBN 978-4-635-01359-8
  • 『山と高原地図 木曽駒・空木岳 中央アルプス2010』昭文社、ISBN 978-4-398-75720-3
  • 『新・分県登山ガイド(改訂版) 長野県の山』山と渓谷社、ISBN 978-4-635-02365-8
  • 『(改訂新版) 名古屋周辺の山』山と渓谷社、ISBN 978-4-635-18017-7
  • 『東海・北陸の200秀山 下(東海・信州編)』中日新聞社、ISBN 978-4-8062-0599-9
  • 『中央アルプスの山旅 地形・地質観察ガイド』飯田市美術博物館

関連項目