actions

広島空港


広島空港(ひろしまくうこう、: Hiroshima Airport

広島県三原市本郷町にある空港空港法では第4条第1項第6号に該当する空港として政令で定める空港(国管理空港)に区分されている。

概要

三原市本郷町善入寺字平岩64-31にある(地図)。1993年平成5年)10月に開港[1]

山を切り開いて造った空港で標高が330mと高く、山間部にありがちなことなのだが気象条件が急激に変化しやすく、などが急に発生し流れ込んでくる傾向がある。また風も急に変化しやすい。運航は霧などの気象条件の制約を受けやすいので、以前は年間75便もが欠航していた[2]

滑走路は10/28方向に3,000mで、滑走路西側からの進入になる「滑走路10」に計器着陸装置(ILS)が設置されている[注 1]。欠航便や目的地変更便を解消するため、2008年6月5日よりILSをカテゴリーIIIaの運用を開始し、年間2便まで欠航便が減少した[2]。また、1年後の2009年6月4日にはもっとも精度が高いカテゴリーIIIbの運用を開始した[2]。ただしILSが設置されていない東側から進入する場合はILSは使えず、最終的にパイロットが滑走路を目視して手動で着地させる飛行方式で着陸することになる[3]。つまり、東側からの進入では霧などで視界不良になると着陸できなくなる可能性が高くなる[注 2]

年間利用客数は、開港時の予想で「最大でも300万人」とされていた。実績としては2014年度で国内2,437,574人、国際283,630人[4]。また中国地方で2番目に多い岡山空港と比較しても2倍以上である(→中国地方#空港)。2006年にはターミナルの旅客処理能力を500万人程度まで高める事業の一環として、搭乗橋が新たに追加増設された。

空港内の施設として海上保安庁第六管区海上保安本部広島航空基地(ひろしまこうくうきち)、広島県防災航空センター(ひろしまけんぼうさいこうくうセンター)が所在している。また空港設備を一周する形でサイクリングコースが整えられており、自転車のレンタルや競技会が開催開催されている。空港北側には広島県立中央森林公園があり、離着陸する飛行機を高台から見下ろすことが出来る。

脚注

注釈

  1. 日本で複数方向にILSを設置している空港は、羽田、成田、関西、中部、福岡、新千歳、女満別、下地島のみである。
  2. 羽田空港など東側から飛来する便は、快晴時など条件が良い時を除いて広島空港上空をオーバーパスし東広島市上空で180度旋回の後RW10に西側から着陸進入するルートが優先的に使用されている。このルートは大回りになるため、悪天候時と快晴時では到着時刻に10分以上差が出ることがある。

出典

  1. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「ocab」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  2. 2.0 2.1 2.2 “広島空港の着陸誘導で新施設”. 47NEWS. 中国新聞. (2009年5月9日). オリジナル2013年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130618043018/http://www.47news.jp/localnews/hiroshima/2009/05/post_20090509200457.html 
  3. 坪田敦史 (2015年4月15日). “アシアナ機事故は手動着陸の「滑走路28」 操縦ミスか”. 乗りものニュース. . 2015-4-16閲覧.
  4. “管内空港の利用状況概況集計表(平成26年度速報値)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省大阪航空局, http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/pdf/h26syuukei.pdf 

外部リンク



楽天市場検索: