actions

平和のための結集決議

"Uniting for Peace" Resolution

1950年11月3日国連総会で採択された決議。安全保障理事会が大国の拒否権によって国連憲章の予定した安全保障の機能を発揮できないとき,総会にその機能の肩代わりをさせることをねらいとしたもので,総会強化決議ともいわれる。この決議は,朝鮮戦争に際し,ソビエト連邦の拒否権行使を契機としてアメリカ合衆国の提案でなされ,総会が兵力の使用を含む集団的措置をとるよう加盟国に勧告できるものとし,さらに総会が会期中でないときには緊急特別総会が招集できる手続きを定めたものである。この決議により招集された最初の緊急特別総会は,1956年のスエズ戦争に際し開催された(イギリス,フランス両国の拒否権行使)

これは,当時国連総会で多数を占めた西側陣営が,総会の場を活用しようとしたものであったが,その後,アジア,アフリカの第三勢力の進出で西側の数的優位が失われ,さらに集団安全保障機能が後退したことにより,この決議の眼目である総会のもとでの強制措置の発動という面は,意義を失うようになった。そしてこの決議の活用は,もっぱら緊急総会の招集手続の援用に限られるようになった。