操作

帯広大谷短期大学

帯広大谷短期大学
大学設置 1960年
創立 1923年
学校種別 私立
設置者 学校法人帯広大谷学園
本部所在地 北海道河東郡音更町希望が丘3
東経143度11分45.06秒北緯42.9892639度 東経143.19585度42.9892639; 143.19585
学部 総合文化学科
生活科学科
社会福祉学科
ウェブサイト 帯広大谷短期大学公式サイト
テンプレートを表示

帯広大谷短期大学(おびひろおおたにたんきだいがく、英語: Obihiro Ohtani Junior College

北海道河東郡音更町希望が丘3に本部を置く日本私立大学

1960年に設置。大学の略称はOOJC(Obihiro Ohtani Junior Collegeの英称から)と称されることもある。

概観

大学全体

建学の精神(校訓・理念・学是)

  • 帯広大谷短期大学における建学の精神は、親鸞聖人の教えに基づいた人間教育を行うこととなっている。

教育および研究

  • 帯広大谷短期大学は、「人間学」という親鸞聖人の教義を基にした科目がある。

学風および特色

  • 帯広大谷短期大学は北海道道内で唯一、社会福祉系の学科をもつ短大となっている。社会福祉専攻によるユニークなボランティアサークルとして「こめつ部」がある。

沿革[1]

  • 1923年 帯広大谷学園設立。
  • 1960年 帯広市西5条南20-1に帯広大谷短期大学開学。国語科を設置[2]
  • 1962年 生活科学科が増設される[3]
    • 国語科→国文科
  • 1966年 社会福祉科を増設[4]
  • 1988年 音更町に新校舎竣工。
  • 1989年 キャンパスを音更町に移転。
  • 1989年 社会福祉科を専攻分離する。
    • 社会福祉専攻
    • 介護福祉専攻
  • 1996年 国文科を日本語日本文学科に改称。
  • 1999年 男女共学となる。
  • 2005年 日本語日本文学科を総合文化学科に改組。
  • 2013年 社会福祉科社会福祉専攻を社会福祉科子ども福祉専攻に改称。
  • 2013年 総合文化学科、生活科学科地域社会システム課程学生募集停止。
  • 2014年 地域教養学科設置。

基礎データ

所在地

  • 北海道河東郡音更町希望が丘3

交通アクセス

教育および研究

組織

学科

  • 地域教養学科(旧総合文化学科、生活科学科地域社会システム課程)
  • 生活科学科
「栄養士課程」が設置されている。
  • 社会福祉科
    • 子ども福祉専攻(旧社会福祉専攻)
    • 介護福祉専攻

専攻科

  • なし

別科

  • なし

取得資格について

  • 中学校教諭二種免許状
    • 国語:総合文化学科:2012年度入学生をもって、廃止。
    • 家庭:生活科学科:2012年度入学生をもって、廃止。
  • 図書館司書:地域教養学科(2014年度入学生より)。総合文化学科でも取得可能だった。(2013年度入学生まで)
  • 司書教諭:総合文化学科:2012年度入学生をもって、廃止。
  • 栄養士:生活科学科栄養士課程
  • 栄養教諭二種免許状:生活科学科栄養士課程:2012年度入学生をもって、廃止。
  • 介護福祉士:社会福祉学科介護福祉専攻
  • 保育士:社会福祉学科子ども福祉専攻(子ども福祉専攻の前身である社会福祉専攻でも取得可能だった)
  • 幼稚園教諭二種免許状:社会福祉学科子ども福祉専攻:2013年度入学生より取得可能。

附属機関

  • 図書館
  • 国際交流センター


学生生活

部活動・クラブ活動・サークル活動

学園祭

  • 帯広大谷短期大学の学園祭は「蘭華祭」と呼ばれ、毎年概ね11月上旬に行われている。ライヴが人気であり、古くはMr.ChildrenTOSHIX-JAPAN)など、最近ではEASTERN YOUTH氣志團などがライヴアクトとして出演している。

大学関係者と組織

大学関係者組織

  • 帯広大谷短期大学の同窓会組織がある。

大学関係者一覧

施設

キャンパス

  • 入浴実習室・介護実習室・アリーナ・講堂・図書館・学生ホール・売店・調理実習室・集団給食実習室・学生食堂などが校舎内にある。

対外関係

他大学との協定

アメリカ

モンゴル

系列校

社会との関わり

  • 「豆料理コンテスト」において奨励賞を受賞している。
  • 「ミルクフェスタ2008」に出店している。

卒業後の進路について

就職について

編入学・進学実績

  • 系列の大谷大学ほか、以下の実績もある。

脚注

  1. 各学科の設置当初における学生数は、各年に発行された年に該当する『全国学校総覧』より
  2. 在学者数は44人。
  3. 在学者数は66人。
  4. 在学者数は66人

参考文献

関連項目

公式サイト


テンプレート:日本私立短期大学協会