actions

川原和久


川原 和久(かわはら かずひさ、1961年(昭和36年)12月26日 - )は、日本俳優声優劇団ショーマ所属。所属事務所はネヴァーランド・アーツ福岡県北九州市八幡西区出身。北九州市立熊西中学校福岡県立八幡南高等学校卒業。日本大学藝術学部演劇学科卒。身長183cm。体重68kg。

略歴・人物

劇団ショーマの看板俳優として多くの舞台に出演。近年は他劇団への客演や、プロデュース公演のほか、映画テレビドラマアニメなど幅広く活躍している。

テレビ朝日系ドラマ『相棒』では、2時間ドラマ時代・連続ドラマ時代を含めて、全シリーズで警視庁刑事部捜査一課7係巡査部長・伊丹憲一役として出演し、熱血漢タイプを演じる[1]寺脇康文演じる元特命係の亀山薫と顔を合わせた時のケンカ腰な台詞や捨て台詞、水谷豊演じる杉下右京と亀山の二人に対してのイヤミな台詞は『相棒』での定番となっていた。

アルバイトで塗装工をやっていた。一般住宅の現場が中心だったが、羽田空港の橋脚の塗装を手掛けたこともあった。『相棒』シリーズが始まり、レギュラー出演するようになってからも声がかかれば塗装工の仕事をやっており、season6の頃まで続けていた。役者専業になってからも塗装作業は好きだという[2]

2008年5月7日の『やぐちひとり©』(テレビ朝日)で、バラエティ番組に初出演する。罰ゲームで自身初の大盛ワサビ寿司も体験した。

2009年には、連続特撮テレビドラマ『仮面ライダーディケイド』で、芸能界を引退した打田康比古に代わって敵の大幹部アポロガイストを演じ、映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』でもアポロガイストの声を担当した。また、PS3用ゲーム『仮面ライダー バトライド・ウォー』でも、再びアポロガイストの声を担当している。

2011年1月6日放送の『徹子の部屋』でともに出演した山中崇史から「川原さんの彼女になってくれる人募集中」と言われたが、川原と共演したこともある市川染五郎を通じて知り合った[3]、染五郎の姉・松本紀保と、2012年6月26日に結婚したことを連名のFAXで発表した[4][5]

出演

テレビドラマ

NHK総合テレビ系

日本テレビ系

テレビ朝日系

TBS系

テレビ東京系

フジテレビ系

映画

配信ドラマ

舞台

劇団ショーマ

  • ある日、ぼくらは夢の中で出会う
  • ボクサァ
  • パズラー
  • けれどスクリーンいっぱいの星
  • ウォルター・ミティにさよなら
  • アメリカの夜
  • 極楽トンボの終らない明日
  • ルシファーは楽園の夢を見る
  • 逃亡者たちの家
  • 八月のシャハラザード

その他

テレビアニメ

OVA

劇場アニメ

  • 頭文字D Third Stage(2001年) - 岩城清次 役

ゲーム

吹き替え

  • リスキーブライド-狼たちの絆(1997年)

ナレーション

  • 地球を学ぶ航海 〜あの日見た空を 私たちは一生忘れない!〜(2009年8月23日、BS朝日
  • 財津和夫 “夕陽を追いかけて”〜チューリップと歩んだ40年〜(2013年11月23日、NHK総合)[6]
  • ぶっちゃけ寺&Qさま!! 合体3時間スペシャル(2015年8月31日、テレビ朝日) - Qさま!!部分の出題ナレーション

バラエティ

CM

脚注・出典

関連項目

外部リンク