操作

岡城 (豊後国)

岡城
大分県
別名 臥牛城、豊後竹田城
城郭構造 梯郭式山城
天守構造 不明(1596年築・非現存)
複合連結型層塔式(1774年再・非現存)
築城主 緒方惟義
築城年 文治元年(1185年
主な改修者 志賀貞朝中川秀成
主な城主 志賀氏中川氏
廃城年 明治4年(1871年
遺構 石垣
指定文化財 国の史跡
位置 北緯32度58分9.18秒
東経131度24分29.05秒
地図
[[File:テンプレート:Location map Japan Oita|200px|岡城の位置]]
<div style="position: absolute; z-index: 2; top: 構文エラー: 認識できない区切り文字「[」です。%; left: 構文エラー: 認識できない区切り文字「[」です。%; height: 0; width: 0; margin: 0; padding: 0;">
岡城

岡城(おかじょう)は、豊後国直入郡竹田(現在の大分県竹田市大字竹田)にあった日本の城山城)である。「臥牛城(がぎゅうじょう)」、「豊後竹田城(ぶんごたけたじょう)」とも呼ばれる。

歴史

岡城の築かれた天神山標高325メートル、比高95メートル、城域は、東西2500メートル、南北362メートル、総面積は23万4千平方メートルに及んだ。

伝承では、文治元年(1185年)に緒方惟義源頼朝に追われた源義経を迎えるために築城したことが始まりであるという。その山城は、南北朝時代建武元年(1334年)に後醍醐天皇の支持を受けた大友氏一族[注釈 1]志賀貞朝によって拡張され、岡城と名付けられたとされている。一方、『豊後国志[1]によると、志賀氏が直入郡に入ったのは応安2年(1369年)以降のことで、同郡内でも岡城に入る前には木牟礼城(騎牟礼城)を居城としていたという[2]

天正14年(1586年)、先に耳川の戦いで敗れ衰退した大友氏を下すべく、薩摩島津氏が豊後府内に迫る快進撃を見せていた中、岡城のみは志賀親次の指揮のもと再三にわたり島津軍を撃退し、親次はその功績から豊臣秀吉より天正15年正月3日付けの褒状を受けている[3]

豊臣秀吉の時代の文禄2年(1593年文禄の役大友吉統が秀吉から鳳山撤退を責められ所領を没収されると、大友氏重臣の親次も岡城を去ることとなった。翌、文禄3年(1594年播磨国三木から中川秀成[注釈 2]が移封され、入城後に3年がかりで大規模な修築を施した。

この修築では、縄張設計に石田鶴右衛門、三宅六郎兵衛、石垣普請に山岸金右衛門などが携わり、志賀氏時代の城域の西側天神山に本丸・二の丸・三の丸御殿・を造営し、城の西側を拡張、重臣屋敷群を設けた。本丸に御三階櫓を設け、城門は志賀氏時代の大手口であった下原門に加えて近戸門を開き大手門を東向きの下原門から現在見られる西向きの位置に改め[注釈 3]、3口とした。また、城下町は志賀氏時代の挟田に加えて西方に竹田町が整備された。2代久盛の代には清水門が整備され、3代久清の時に西側の重臣団屋敷を接収して西の丸を築き御殿を造営している。岩盤の台地の上に築かれたため、台風や地震、火事などの被害を多く受け、特に8代中川久貞明和8年(1771年)には本丸、西ノ丸、御廟など城の大半を焼く大火が起きている。

明治維新後、廃城令によって廃城とされ、明治4年(1871年)から翌年にかけて城内の建造物は全て破却され、現在残っているのは高く積み上げられた石垣のみである。なお、昭和62年(1987年)には築城800年祭の記念行事として20日間限定で模擬天守と大手門が復元された[注釈 4][5][6]

昭和11年(1936年12月16日、「岡城址」として国の史跡に指定され、平成18年(2006年)4月6日、日本100名城(95番)に選定された。平成2年(1990年)には、「岡城公園」として日本さくら名所100選に選定された。

御三階櫓

本丸南隅にあり、創建当初は再建時のものより一回り大きい規模であったが、外観意匠などは不明である。創建当初の平面規模は、初重から9間×8間・6間×5間・4間×3間であったという[7]宝暦年間1751年 - 1763年)に描かれた『宝暦御城真景図』では、初重西面に格子窓を持った千鳥破風のような破風1つ、南面に3つの格子窓、3重目に華頭窓と外廻り縁高欄を付けた層塔型に見える背高な三階櫓が描かれ、北側に2重櫓まで続く多門櫓が描かれ、東側に続櫓と御金倉まで続く多門櫓が描かれている。

再建時のものは、層塔型3重4階で初重から5間四方・4間四方・3間四方・3間四方の平面規模であり、最上階には外廻り縁高欄や四方の壁には華頭窓があったとされ[7]、本丸北西隅にあった3重の角櫓とは渡櫓で連結され、御三階櫓の東には続櫓が伸びた複合連結式であった。「豊後岡城全景」と書かれた明治初期に撮影された古写真では、廻り縁高欄や軒唐破風が確認でき、北側に、切妻屋根を持つ3重の櫓が渡櫓によって連結され、東側の続櫓から御金倉の間には土塀が見られる。

秀成創建の御三階櫓は明和6年(1769年)若しくは明和8年(1771年)に風雨と地震により崩壊し、明治初期に撮影された御三階櫓は安政3年(1774年)に再建された姿である。

その他

  • 荒城の月」作曲者の瀧廉太郎は、幼少期を竹田で過ごしており、この岡城にて曲のイメージを得たといわれているため、城址には廉太郎の銅像が、遠方の山並みを眺められるところに建てられている。大野川を挟んで岡城の下を走る国道502号の上り車線にはメロディ舗装がなされた区間があり、車が通過すると荒城の月のメロディが聞こえるようになっており、岡城からでもその音を聞くことが出来る。
  • 周辺は整備され毎年4月に「岡城桜まつり」が開催され、大名行列が再現されている。城址の保存状態に対して評価が高く、多くの見学者が訪れる観光地となっている。晴れた見通しのいい日は城山から祖母山傾山阿蘇山、および九重連山を望むことができる。
  • 大分放送テレビ放送終了時にも岡城址のフィルムが使われていた。(2007年ごろまで)
岡城への道路標示  
登城口  
大手門跡  
瀧廉太郎像 後方に九重連山を望む  
中川覚左衛門屋敷跡  

脚注

注釈

  1. 志賀氏は、鎌倉時代緒方氏大神氏)を滅ぼして豊後の武家の盟主となった大友氏の一族である。
  2. 摂津国茨木城中川清秀の子。
  3. 加藤清正没後の調定のため熊本へ行く際に訪問した藤堂高虎の助言によるまたは、加藤清正の助言による(慶長18年(1613年))、とされる。
  4. 全体の骨組は木材であるが、石垣に負担が掛からないように壁や瓦は、発泡スチロールを用いての復元となった。ただしだけは、本物の瓦で復元された[4]

出典

  1. 『豊後国志』巻6 直入郡の項
  2. 『国指定史跡岡城跡パンフレット 岡城の歴史』竹田市教育委員会
  3. 平井聖監修 菅井靖雄執筆『城 8 九州・沖縄』毎日新聞社 1996年 内 「岡城 若き城主志賀親次」
  4. 1987年12月号 広報おおいた
  5. 懐かし写真館
  6. 竹田市50年の歩み
  7. 7.0 7.1 西ヶ谷恭弘監修『復原 名城天守』学習研究社 1996年

関連項目

外部リンク